ホーム > お知らせ 

お知らせ


2018/11/08

Safety2.0 国際安全シンポジウム 2018のご案内

Safety2.0 国際安全シンポジウムが、「世界は、安全で会社を強くする」をテーマに開催されます。

世界の安全に関する新潮流「Vision Zero」、企業関心事の「CSR」、安全の 新しい考え方である協調安全(Safety2.0)など、安全をとりまく最新情報とそのアプローチを知る貴重な機会です。企業経営TOP層の方々のご参加をお勧めします。


-----------------------------------------------------------------

○国際安全シンポジウム “興味深い 4つのポイント

1.世界の安全『Vision Zero』ついに日本でも発信

2.ドイツ『Industry4.0』と協調安全

3.トヨタ自動車の経営層の安全への取り組みと協調安全『Safety2.0』への期待

4.Safety2.0による安全性・生産性の追求『シミズ・スマート・トンネル』

詳細は以下をご覧願います

-----------------------------------------------------------------

日 時:2018年11月20日(火)10:00~17:15

場 所:機械振興会館 B2ホール 東京都港区芝公園3-5-8

受講者数:200名

受講料:28,000円(税込み)


◇講演内容

①「製造現場の安全と未来」

      経済産業省大臣官房審議官(製造産業局担当)上田 洋二氏

②「世界最大の安全国際会議『SIAS』から読み解く、安全の世界的潮流」

      一般社団法人セーフティグローバル推進機構 会長 向殿 政男

③「『Vision Zero』をついに日本でも発信。製造業と建設業を中心に2,000超の企業・団体が参画するVZの真髄を語る」

      国際社会保障協会(ISSA) 事務総長ハンス-ホルスト コンコルスキー氏

④「ドイツIndustry4.0推進において必要な協調安全の考え方と安全資格制度の必要性」

      ピルツ社 CEO トーマス・ピルツ氏

⑤「トヨタ自動車が語る、安全への経営層の積極関与の成果と、協働ロボット活用のための協調安全『Safety2.0』への期待」

      トヨタ自動車株式会社 安全健康推進部 星野 晴康氏

⑥「Safety2.0を導入した『シミズ・スマート・トンネル』で生産性と安全性を両立する」

      清水建設株式会社 土木技術本部 常務執行役員 河田 孝志氏


◇パネルディスカッション

「世界×日本、経営×技術。会社を強くするために、経営者と技術者が今すべきことを徹底討論する」  
一般社団法人 セーフティグローバル推進機構 理事 藤田 俊弘氏他


◇お申込み方法

一般受講のお申込み受付は以下日経BP社サイトで行なっています。



Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan