ホーム > 会報・論文誌> お知らせ 

お知らせ


2012/08/01

「ISIJ International」特集号 原稿募集のご案内


「ISIJ International」特集号
「Recent Progress of Science & Technologies for the Iron Ore Agglomeration Processes
(鉄鉱石塊成化プロセスに関する科学技術の最近の進歩)」原稿募集のご案内



 鉄鋼生産量は、世界の経済状態に依存しつつも急激に増加してきた。直近の経済低迷やCOP17の結果など今後の予測が難しい側面もあるが、原発事故に起因する化石燃料使用割合増加の懸念などを考慮すると、我が国の製鉄産業には引き続きCO2排出量削減努力が期待されるものと考えられる。効率的な廃熱回収等が難しい焼結プロセスにおいては、省エネルギー技術やカーボンニュートラル凝結材の積極的な利用技術の開発は、製鉄プロセス全体のCO2排出量削減に直結する魅力的な課題でもある。一方、優良鉱石や石炭資源の枯渇が進む中、高炉の低還元材比操業を支える焼結鉱品質の造り込み技術は重要な課題である。
 そこで、焼結鉱の品質制御、焼結プロセスにおける効率的なエネルギー使用、生産性向上などに関する基礎研究から応用技術開発までの最新の成果やレビュー論文を募集し特集号を発刊する。なお、本特集号は「低炭素焼結技術原理の創成研究会」のメンバーの英文報告も兼ねる予定である。

1.スコープ:
 焼結鉱の品質制御、焼結プロセスにおける効率的なエネルギー使用、生産性向上などに関する基礎研究から応用技術開発までの最新の成果やレビュー論文を集大成する。


2.投稿締切:
 2013年1月25日(金)必着
 (締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

3.発行予定:
 「ISIJ International」 Vol.53(2013年),No.9(2013年9月発行)

4.投稿規定、審査方法:
 投稿規程は「ISIJ International」投稿規程をご参照下さい。
 審査は通常の審査方法に準拠します。

4.企画世話人・問合せ先:
 葛西栄輝 東北大学大学院環境科学研究科
 Tel. 022-795-4895 Fax. 022-795-4895 E-mail:kasai@material.tohoku.ac.jp

5.原稿送付先:
 「ISIJ International」電子投稿サイトからご投稿ください。

 なお、投稿にあたりましては、上記URLログイン画面の右にある「Instructions & Forms」に掲載している「投稿マニュアル」をご覧下さい。本マニュアルは本会固有のものではなく、一般的なマニュアルですので本会システムにそぐわない面がありますことをご了承下さい。

 電子投稿の操作に関し、ご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
 (Tel. 03-3669-5933 Fax. 03-3669-5934 E-mail: editol@isij.or.jp)

Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan