ホーム > お知らせ 

お知らせ

12345
2019/02/05

平成30年度 レアメタル研究会のご案内

主  催: レアメタル研究会
  者: 東京大学生産技術研究所 教授 岡部 徹
協  力: (一財)生産技術研究奨励会(特別研究会 RC-40)
共  催: 東京大学マテリアル工学セミナー
      レアメタルの環境調和型リサイクル技術の開発研究会
      東京大学生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター
      東京大学生産技術研究所 非鉄金属資源循環工学寄付研究部門(JX金属寄付ユニット)
協  賛: (一社)日本鉄鋼協会他
開催会場: 東京大学生産技術研究所 An棟2F コンベンションホール
      〒153-8505目黒区駒場4-6-1
      (最寄り駅:駒場東大前、東北沢、代々木上原)
参加登録・お問い合わせ:岡部研 レアメタル研究会事務担当 宮嵜 智子(okabelab@iis.u-tokyo.ac.jp)
=================================
第85回 2019年3月8日(金) 14:00~
会場変更:駒場Ⅱキャンパス 先端科学技術研究センター3号館南棟1階 ENEOSホール
  ★佐藤修彰教授と藤田豊久教授が熱く語る特別シンポジウム+慰労会★(合同開催)
■テーマ: 卒業講演:佐藤先生、藤田先生の研究と活動、非鉄業界と研究の将来展望
■講 演(14:00~)
・稀有なレアメタル実験室 (60分) 
 東北大学 多元物質科学研究所 教授 佐藤 修彰 講師


・講師依頼中 (40分)

・リサイクルと環境浄化など (60分)
 東京大学 工学系研究科 システム創成学専攻 教授 藤田 豊久 講師

■研究交流会・意見交換会 (18:00~,S棟プレゼンテーションルームに変更)
=================================
*レアメタル研究会ホームページ*
 https://www.okabe.iis.u-tokyo.ac.jp/japanese/rc40_j.html
2019/01/31

高温プロセス部会 研究会準備助成(2019年度助成)募集案内

高温プロセス部会では、部会活動活性化の一環として当部会からの研究会設立を最終目的とする研究会準備のための活動を支援するため、助成制度を実施しております。

皆様からのご応募をお待ちしております。


  1.対  象:本助成は、高温プロセス部会を主として研究会設立を目的とする活動を支援。

  2.応募条件:
1)応募件数は1人1件。
2)主査は必ず鉄鋼協会正会員であること。
3)高温プロセス部会を主として研究会設立を目的とした提案に限る。
4)研究会として提案し、不採択となったテーマについても応募可能。
但し、申請書に不採択となった理由を踏まえた上での改善点、どのように克服し、次年度に臨もうとしているかを明記すること。
5)他の研究会との参加メンバー重複につきましては、事前に調整すること。

  3.募集期間:2019年2月1日(金)~4月12日(金)17:00(必着)

  4.採択予定件数:1~2件

  5.助成金額:原則30万円/件

  6.助成期間:2019年5月上旬~2020年2月末日まで

  7.申請方法:申請用紙をダウンロードし、電子メールに添付してminakawa@isij.or.jpまで送信願います。(A4サイズ1枚を厳守)

  8.選  考:選考は2019年4月下旬開催予定の高温プロセス部会運営委員会にて実施。

  9.結果通知:2019年5月上旬に主査の方へ事務局より直接連絡します。

10.助成金交付:研究費として支給する場合は、主査の方へ奨学寄附金として一括支給。
旅費および会議費として支給を希望される場合は、事務局より都度払いで対応しますので、主査を通じて事務局へ請求願います。

11.応募書類・内容の取り扱い:
1)応募書類は返却しません。また応募された内容は選考会議を除いて公開しません。
2)選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合があります。

問い合わせ先:一般社団法人日本鉄鋼協会 学術企画グループ 皆川
TEL.03-3669-5932 E-mail:minakawa@isij.or.jp

2019/01/30

2019年度 高温プロセス部会 博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援選考結果のお知らせ

2019年度第一期後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援への申請案件について、1月23日開催の高温プロセス部会運営委員会で審議した結果、下記1件の採択が決まりました。

氏  名:西廣一隼(ニシヒロ カズト)
所  属:九州大学工学府物質プロセス工学専攻国友研究室
学  年:博士後期2年
会議名:METEC 4TH ESTAD 2019
https://www.metec-estad2019.com/
開催日時:2019年6月24日~28日
発表論文:Reaction Behavior between CO-CO2 gas mixture and Carbon Fiber Deposited during Metal Dusting Process
助成額:50,000円(予定)
2019/01/21

一般社団法人日本鉄鋼協会 名誉会員決定のお知らせ

下記のとおり、新名誉会員が決定いたしましたのでお知らせいたします。名誉会員推挙式は3月20日午後、東京電機大学において、第177回春季講演大会時に行われます。

鈴木 俊夫 君 東京大学名誉教授
永田 和宏 君 東京工業大学名誉教授
関田 貴司 君 JFEスチール(株)元副社長、JFEミネラル(株)元社長
西澤 庄藏 君 住友金属工業(株)元副社長、(株)大阪チタニウムテクノロジーズ元社長


2018/12/28

「材料とプロセス」 都度予約制度 新設のご案内

このたび、会員の皆様が講演大会概要集「材料とプロセス(CAMP-ISIJ)」CD-ROM(大会参加資格を含む)を春秋大会毎に予約できる制度(都度予約)を新設しました。ご所属機関において大会前に講演大会に関する費用を事務処理される場合の利便を図るとともに、当日の窓口において受付待ちの時間が低減すると期待しております。

特徴

・講演大会1回分の講演大会概要集「材料とプロセス(CAMP-ISIJ)」CD-ROMと参加資格を予約できます。
・「材料とプロセス」は、講演大会当日に受付においてお渡しします・
・インターネット限定での受付となります。
・対象者は2019年分の会費支払い済みの個人会員です。
・お支払いは、オンラインクレジットカード決済もしくは銀行口座振込となります。

2019年春季講演大会における都度予約は、下記の通り受け付けます。
受付期間: 2019年2月1日(金)から3月10日(日)まで
支払期限: 2019年3月10日(日)

<<従来制度との比較>>

制 度

価 格(消費税込)

正会員/準会員

/賛助会員/外国会員

学生会員

当日登録

(従来通り)

8,000/

3,000/

年間予約

(従来通り)

7,200/2

3,200/2

都度予約

(新設)

6,000/

2,000/


申し込み手順

<<申し込みの流れ>>

都度予約登録について

1) 日本鉄鋼協会第177回春季講演大会ページから都度予約ウェブサイト(URLは2019年2月1日(金)より公開します)にアクセスして下さい。

2) 氏名・会員番号・支払い方法など、所定の情報を登録して下さい。
【入力上の注意点】
対象者は2019年会費支払い済みの個人会員のみとなります。会費未入金の場合は登録できません。
氏名および会員番号は会員証を確認の上ご入力下さい。特に氏名については、入力された字体が会員証と異なる場合はエラー表示となり、登録できません。

3) 登録完了後に、電子メールで受付番号と講演大会概要集都度申込マイページ(以下、都度申込マイページ)のログインパスワードをお送りします。都度予約マイページにログインする際に受付番号とパスワードが必要となりますので、このメールを大事に保管して下さい。

お支払いについて

1) 都度予約マイページにログインし、下記の手順で3月10日(日)までに支払い手続きを行って下さい。
なお、支払期限までにご入金が確認されない場合は、ご所属機関に問い合わせますのでご了承下さい。
ご所属機関の都合でご入金が間に合わない場合は、受付番号とご入金予定日を事務局に大至急ご連絡下さい。

■銀行振り込みを選択された場合■
・ 登録完了の際にお送りした電子メールならびに「請求書」に記載した銀行口座に振り込んで下さい。
  「請求書」は都度申込マイページからご自身で出力して下さい。
・ 振り込み手数料はご予約者がご負担下さい。
・ 日本国内の金融機関以外のご入金はお受けできませんのでご注意下さい。

■オンラインクレジットカード決済を選択された場合■
1) 都度申込マイページの「オンラインクレジットカード決済」入力フォームにクレジットカードの情報を登録して下さい。請求書は発行いたしません。

2) 都度申込みの取り消しを希望される場合は、都度申込マイページの「キャンセル」ボタンを押して下さい。
但し、ご入金後(決済後)のキャンセルはお受けできませんのでご注意下さい。

3) ご入金が確認されますと、都度予約マイページから「領収書」が印刷可能となります。
  なお、銀行振り込みの場合は、入金確認に数日かかる場合がございますので予めご承知願います。

大会当日の参加受付について

1) 「参加券」は、予約者ご自身で都度申込マイページから参加券を印刷し、講演大会当日、受付にお持ち下さい。「参加券」と引き換えに、「材料とプロセス」と名札をお渡しします。

2)講演大会に参加されなかった場合でも返金はいたしません。
講演大会終了後に、会員名簿に登録された住所に「材料とプロセス」をお届けします。

都度予約登録料 業務委託先:トーヨー企画株式会社

問い合わせ先:(一社)日本鉄鋼協会 学術企画グループ 阿部

 TEL:03-3669-5932   FAX:03-3669-5934 E-mail:eabe@isij.or.jp



2018/12/27

2019年度学部学生の製鉄所見学事業の募集

日本鉄鋼協会 育成委員会 産学人材育成WG
1. 事業の概要
学部学生の授業の一環、または将来の就職や進学を考える際の参考として製造現場の見学を計画している大学の活動に対して、見学の移動費を日本鉄鋼協会が負担します。

2. 目的
鉄の物作りや鉄鋼製品と利用技術に興味がある、全ての学部学生に鉄鋼製造現場見学等を体験し、実態を良く知ってもらう。

3. 募集内容
1) 大学全学部の主に1~3年生を対象とした、見学事業。
2) 2019年4月~2020年3月に行われる見学事業とします。
3) 見学実施スケジュールは、各大学にて計画して下さい。
4) 1件あたり15万円を上限とします。
5) 学科単位で担当の教員を決めていただき、担当の教員が企画(見学場所、見学先との日程調整、バスの手配、学生の募集)・実施することとし、授業の一環として実施することを推奨します。
6) 参加者(教員及び学生)の傷害保険は本会では付保しませんので、必要とされる場合は大学でご加入下さい。
7) 本会ホームページ上の申請書にてご応募下さい。採否は本WGで公正に審査し決定します。応募多数の場合はご要望にお応え出来ない場合がありますので、予めご了承下さい。
8) 今後の参考とし、この企画をより効果的にするために、事後にアンケートへの回答をお願いいたします。

4. 募集条件
1) 同一大学からの申請は、1大学3件までとします。
2) 修士生対象の見学事業の申請は、募集を締切った時点で、予算に余裕がある場合、受け入れます。
3) 原則日帰りの製鉄所見学に対するバス代の補助ですが、2日以上の行程の場合は、製鉄所を見学する日のバス代とします。(大学(地方)によっては製鉄所が日帰りの範囲にあるとは限らないため。) 「少なくとも見学場所の1つに鉄鋼製造現場を組み込む」ことを条件とします。

5. 応募期間
2018年12月27日~2019年4月末(全体予算枠の範囲内で受け付けます。)

問合せ先
(一社)日本鉄鋼協会 育成グループ 栗山
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 3-2-10 鉄鋼会館5階
TEL: 03-3669-5933  E-mail: educact@isij.or.jp

12345
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan