ホーム > お知らせ 

お知らせ

12345
2019/04/03

「鉄と鋼」第106巻第8号特集号「未利用熱エネルギーの有効活用」原稿募集のご案内(投稿締切日:2019年11月29日)

 現在鉄鋼業の未利用熱エネルギー、いわゆる排熱は1次エネルギーの4%程度に相当し、その温度域、形態およびその発生状況も多岐に渡っており、依然として固体顕熱(製品、コークス等)、液体顕熱(スラグ)および気体顕熱(COG、LDG等)が未利用熱として存在し、その適当な回収方法が無いことや既存の水蒸気発生では温度低下を引き起こし大きなエクセルギー損失を伴うことが問題となります。これら未利用熱の有効活用は、その温度域に近い熱需要で再生利用することが最も熱力学的に優れていることは自明で、所望の温度域で熱回収できる潜熱蓄熱技術や化学蓄熱技術は魅力的です。これらに関する研究会「未利用熱エネルギーの有効活用」が平成28年度より発足、その要素技術である蓄熱技術と熱交換・熱輸送技術に関わる研究活動を進めてきました。
 今回、本研究会の研究成果、および、これに関連する研究成果を、鉄鋼協会の会員各位、一般読者に纏まった形で知って頂くことを目的として、本分野に関連する特集号を企画いたしました。原稿を一般からも広く募集いたしますので、奮ってご応募下さい。

1.投稿締切:
2019年11月29日(金)必着
(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

2.発刊予定:
「鉄と鋼」Vol.106, No.8(2020年8月1日発刊)

3.投稿規定、審査方法:
投稿規定は、本会ホームページ掲載の「鉄と鋼」投稿規程執筆要領をご参照ください。
審査は通常の審査方法に準拠します。

4.企画世話人・問合せ先:
沖中憲之 北海道大学 大学院 工学研究院 准教授
TEL. 011-706-6818 E-mail: oki@eng.hokudai.ac.jp

5.原稿送付先:
下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。
http://mc.manuscriptcentral.com/tetsutohagane

電子投稿の操作に関しご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(TEL. 03-3669-5933   E-mail: editol@isij.or.jp)

以上

2019/04/03

「鉄と鋼」第106巻第6号特集号「鉄鋼中の軽元素の挙動と材料組織および特性への影響」原稿募集のご案内(投稿締切日:9月30日)

 鉄鋼中の炭素と窒素は固溶原子としてあるいは析出物となって結晶転位と強く相互作用して強度を支配しますが、ホウ素も加えたこれらの軽元素はさらに結晶粒界への偏析、他の溶質元素との化合物形成などを通じて鉄鋼材料の組織形成と力学特性に大きな影響を与えます。このような諸現象の基本的なメカニズムは知られているものの、材料設計・制御の基礎となる具体的・定量的な知見は未だ十分ではありません。ところが近年、第一原理計算による理論的研究が鉄鋼材料分野でも活発になり、また高性能透過電子顕微鏡や三次元アトムプローブを用いた微細組織の定量解析、中性子散乱による組織変化の追跡などによって、さまざまなスケールでの構造・組織とその発展過程が具体的に把握できるようになってきています。
 そのような状況の中で、「鉄鋼中の軽元素と材料組織および特性」研究会(材料の組織と特性部会、評価・分析・解析部会)が3年間活動してきました(2016〜19)。今回、その成果を発信することを目的として、鉄鋼材料における軽元素の挙動と機能をテーマとする特集号を企画しました。(1) 鉄鋼中の炭素・窒素・ホウ素の存在状態、分布状態、熱力学、拡散、(2) 炭化物・窒化物・ホウ化物あるいはそれらの核となる溶質原子クラスターの構造、安定性、形成メカニズム、(3) 炭素・窒素・ホウ素と結晶欠陥(転位、結晶粒界)との相互作用および力学特性との関係など、鉄鋼材料中の軽元素に関する基礎的課題や材料特性における役割の解明を目指した先端的研究の成果を募集します。奮ってご応募ください。

1.スコープ:
鉄鋼中の炭素・窒素・ホウ素の挙動、鉄鋼材料の組織形成と特性へのこれらの軽元素の影響に関する研究論文、寄書、レビューを募ります。

2.投稿締切:
2019年9月30日(月)必着
(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

3.発刊予定:
「鉄と鋼」Vol. 106, No. 6(2020年6月1日発刊)

4.投稿規定、審査方法:
投稿規定は、本会ホームページ掲載の「鉄と鋼」投稿規程執筆要領をご参照ください。
審査は通常の審査方法に準拠します。

5.企画世話人・問合せ先:
沼倉 宏  大阪府立大学 大学院工学研究科 教授
TEL.072-254-9310、E-mail:numakura@mtr.osakafu-u.ac.jp

6.原稿送付先:
下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。
http://mc.manuscriptcentral.com/tetsutohagane

電子投稿の操作に関しご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(TEL.03-3669-5933、E-mail:editol@isij.or.jp)

以上

2019/04/03

「鉄と鋼」第106巻第2号特集号「エリアセンシング手法を用いた知能化設備異常診断」原稿募集のご案内(投稿締切日:2019年6月1日)

 国内製鉄所は建設から40年以上が経過し、各種配管・クレーン・煙突・搬送テーブル・コンベアなど基盤インフラ設備の老朽化が進行しています。各基盤インフラ設備は極めて数多くかつ広域にわたって存在するため、より広範囲をモニタリング可能なセンシング技術と異常診断技術の開発が望まれています。「適応的エリアセンシング手法を用いた知能化設備異常診断」研究会では、(1)カメラによる微小変位高精細エリアセンシング、(2)設備のモデルに基づく老化と病気の峻別手法、(3)データ学習技術とシステム化について研究活動を進めてきました。
 今回、本研究会の分野に関連する研究成果を、鉄鋼協会の会員各位、一般読者に纏まった形で知っていただくことを目的として特集号を企画いたしました。原稿を一般からも広く募集いたしますので、奮ってご応募ください。

1.投稿締切:
2019年6月1日(日)必着
(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

2.発刊予定:
「鉄と鋼」Vol.106, No.2(2020年2月1日発刊)

3.投稿規定、審査方法:
投稿規定は、本会ホームページ掲載の「鉄と鋼」投稿規程執筆要領をご参照ください。
審査は通常の審査方法に準拠します。

4.企画世話人・問合せ先:
玉置 久 神戸大学 教授
TEL.078-803-6102、E-mail:tamaki@al.cs.kobe-u.ac.jp

5.原稿送付先:
下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。
http://mc.manuscriptcentral.com/tetsutohagane

電子投稿の操作に関しご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(TEL.03-3669-5933、E-mail:editol@isij.or.jp)

以上

2019/04/02

公募 第10回(平成31年度)日本学術振興会 育志賞受賞候補者の推薦について(提出期限:2019年5月15日)

この程、日本学術振興会より育志賞推薦依頼がまいりましたので、ご案内申し上げます。推薦を希望される方は、日本学術振興会HPに掲載されている情報(http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html)を確認の上、下記の書類をご提出下さい。

1.対象分野:人文、社会科学及び自然科学にわたる全分野

2.授賞:16名程度。賞状、賞牌及び副賞として学業奨励金110万円

3.対象者:下記の全てに該当する者
(1)平成31年4月1日現在34歳未満
(2)平成31年5月1日において次の1)から4)のいずれかに該当する者
1)区分制の博士後期課程に在学する者
2)一貫制の博士課程3年次以上の年次に在学する者
3)後期3年のみの博士課程に在学する者
4)医学、歯学、薬学又は獣医学系の4年制博士課程に在学する者
(3)大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び
   研究活動に取り組んでいる者。(海外からの留学生で上記の条件を満たす者も可。)
※推薦に当たっては、論文等の業績のみにとらわれず、将来、我が国の学術研究の発展に寄与する
 ことが期待される優秀な者を多様な観点から推薦願います。

4.推薦:日本鉄鋼協会から1名を推薦します。

5.提出書類:(1)推薦書(様式2)の1ページ目 1部
 (2)推薦理由書A(様式3‐①)      1部
       (3)研究の概要等(様式4)     1部
      
(注意)上記の書類をもとに、鉄鋼協会学会部門会議にて、候補者1名に絞ります。候補者に
    内定した場合には、5月25日頃ご連絡しますので、さらに以下の書類もご提出下さい。
 (4)推薦書(様式2)          1部
 (5)推薦理由書B(様式3-②)     1部  

6.日本鉄鋼協会へ推薦いただく際の条件:
・候補者には、学長賞など顕著な業績のある、本会学生会員をご推薦下さい。
・研究指導者(推薦理由書Aの記入者)は、本会会員に限ります。
・提出書類(1)(2)(3)は、E-mailにてお送り下さい。 
      
7.本会への提出期限・提出先:
(1)提出期限:2019年5月15日(水)
(2)提 出 先:日本鉄鋼協会 学術企画グループ 平沢和子
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階
TEL:03-3669-5932
E-Mail:hirasawa@isij.or.jp

2019/03/19

公益財団法人JFE21世紀財団 2019年度・技術研究助成・募集要項

受付開始:4月22日(月)、締切:6月21日(金)
詳細は下記をご参照下さい。

2019/02/05

平成30年度 レアメタル研究会のご案内

主  催: レアメタル研究会
  者: 東京大学生産技術研究所 教授 岡部 徹
協  力: (一財)生産技術研究奨励会(特別研究会 RC-40)
共  催: 東京大学マテリアル工学セミナー
      レアメタルの環境調和型リサイクル技術の開発研究会
      東京大学生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター
      東京大学生産技術研究所 非鉄金属資源循環工学寄付研究部門(JX金属寄付ユニット)
協  賛: (一社)日本鉄鋼協会他
開催会場: 東京大学生産技術研究所 An棟2F コンベンションホール
      〒153-8505目黒区駒場4-6-1
      (最寄り駅:駒場東大前、東北沢、代々木上原)
参加登録・お問い合わせ:岡部研 レアメタル研究会事務担当 宮嵜 智子(okabelab@iis.u-tokyo.ac.jp)
=================================
第85回 2019年3月8日(金) 14:00~
会場変更:駒場Ⅱキャンパス 先端科学技術研究センター3号館南棟1階 ENEOSホール
  ★佐藤修彰教授と藤田豊久教授が熱く語る特別シンポジウム+慰労会★(合同開催)
■テーマ: 卒業講演:佐藤先生、藤田先生の研究と活動、非鉄業界と研究の将来展望
■講 演(14:00~)
・稀有なレアメタル実験室 (60分) 
 東北大学 多元物質科学研究所 教授 佐藤 修彰 講師


・講師依頼中 (40分)

・リサイクルと環境浄化など (60分)
 東京大学 工学系研究科 システム創成学専攻 教授 藤田 豊久 講師

■研究交流会・意見交換会 (18:00~,S棟プレゼンテーションルームに変更)
=================================
*レアメタル研究会ホームページ*
 https://www.okabe.iis.u-tokyo.ac.jp/japanese/rc40_j.html
12345
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan