ホーム > お知らせ 

お知らせ

12345
2019/10/07

2020年度博士後期課程学生を対象とした国際会議参加費支援の募集案内(2020年1月16日締切)

高温プロセス部会では、「優秀な鉄鋼関係の研究者・技術者の育成」を目的として、大学院博士後期課程在学生が、国際会議・シンポジウムへ参加し、研究論文などの発表(ポスター発表を含む)を行う際に必要な参加費の一部を補助いたします。

若い時期より国際会議へ参加し、発表を通じて関係学理への知見を深め、世界中の研究者の中に人脈を広げる機会を得ることは、これからの鉄鋼研究を担う方々にとってプラスの経験になると考えます。 

国際会議で発表を行おうと考えている学生さんは是非奮ってご応募下さい。

1.補助対象
・大学院博士後期課程に在学する学生。(講師、助教、学振特別研究員、休学者、および企業等に所属する社会人学生は対象外とします)
・非会員でも応募可。ただし、採択された場合は、本会学生会員として入会すること。
・所属する研究室の指導教員が、必ず鉄鋼協会会員であること。
・応募件数は1人1件。
(同一研究室からの応募の場合、同一会議については1件、年間2件までとします。)
2.補助の対象となる国際会議等
高温プロセスに関連する国際会議(2020年3月1日~2020年8月31日開催)で、2カ国以上の参加者を対象とする国際会議・シンポジウム。
3.補助内容
・登録料(学会参加費・プロシーディングス代)を上限50,000円程度/人まで補助します。
・50,000円を超える場合は、ご相談下さい。
4.申請方法
申請用紙をダウンロードし、電子メールに添付してminakawa@isij.or.jpまで送信願います。
(A4サイズ1枚を厳守してください。)
5.締切:2020年1月16日(木)
6.選考
高温プロセス部会運営委員会にて行います。
7.結果通知
採択結果につきましては、ご本人および所属する研究室の指導教員宛にメールにて事務局より直接連絡いたします。
8.支給方法
【立て替え払い】
・申請者が研究論文等の発表を行う事が明記されている国際会議、シンポジウムのプログラムおよび登録料(学会参加費)が記載されている書類と登録料(学会参加費)の領収書コピーを添付し、口座指定用紙とあわせて提出して下さい。クレジットカードによる支払いの場合は、領収書コピーの代わりにクレジットカードの利用明細書コピー(関連項目以外は消去)でも結構です。)
【奨学寄附】
・奨学寄附金として申請者が所属する機関に経理を委託します。研究室(指導教員名)、寄付の目的等が記載された寄付申込書フォーマットを事務局まで送信下さい。
9.交付条件
採択された方は、対象会議出席後、または、採択通知後1ヶ月以内に報告書(A4版半ページ程度)を提出して下さい。お預かりした報告書は高プロToday(年2回発行)に掲載いたします。
10.応募書類・内容の取り扱い
1)応募書類は返却しません。また応募された内容は選考会議を除いて公開しません。
2)選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合があります。

2019/10/07

2019年度 高温プロセス部会  博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援選考結果のお知らせ

2019年度第二期後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援への
申請案件について、10月3日開催の高温プロセス部会運営委員会で審議した結果、
下記1件の採択が決まりました。

氏  名:小野 祐耶(オノ ユウヤ)
所  属:東北大学工学研究科化学工学専攻 青木研究室
学  年:博士後期1年
会  議:International Conference on Coal Science & Technology 
    (ICCS&T2019)
  https://www.iccst2019.com/gb/
開催日時:2019年11月24日~28日
発表論文:Experimental and numerical investigation of the factors affecting the briquetting
  process and the structure of briquette of coal
助 成 額 :40,000円(予定)


2019/10/03

素材プロセッシング分野(環境リサイクルを含む)における産学連携に関するシンポジウム開催案内

主  催:東京大学 生産技術研究所 非鉄金属資源循環工学寄付研究部門(JX金属寄付ユニット)

協  賛:東北大学多元物質科学研究所 非鉄金属製錬環境科学研究部門
(住友金属鉱山共同研究ユニット)
  京都大学 大学院工学研究科 材料工学専攻 非鉄製錬学講座
(一社)軽金属学会、(一社)資源・素材学会、(公社)日本化学会、
(公社)日本金属学会、(一社)日本鉄鋼協会 (依頼予定)

協  力:東京大学 生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター、
  レアメタル研究会

日  程:2019年11月28日(木)(2019.8.30現在)
  シンポジウム 13:00 - 17:25
  交流会  17:30 - 19:30

開催会場:東京大学 生産技術研究所 An棟2F コンベンションホール
  〒153-8505目黒区駒場4-6-1(最寄り駅:駒場東大前、東北沢、代々木上原)

会  費:シンポジウム:資料代として3,000円(一部企業関係者)、交流会:無料

参加登録・お問い合わせ:東京大学 生産技術研究所 岡部研究室
学術支援専門職員 宮嵜智子
E-mail:okabelab@iis.u-tokyo.ac.jp  FAX:03-5452-6313


プログラム【敬称略】:
司会東京大学 生産技術研究所 特任教授 所 千晴

13:00 - 13:05 趣旨説明
 東京大学 生産技術研究所 JX金属寄付ユニット 特任教授 中村 崇

13:05 - 13:45 東京大学 生産技術研究所 JX寄付ユニットにおける産学連携とこれから
 東京大学 生産技術研究所 JX金属寄付ユニット 特任教授 岡部 徹

13:45 - 14:25 東北大学 多元物質科学研究所ー住友金属鉱山共同研究ユニット発足2年の実績
 東北大学 多元物質科学研究所 教授  小俣 孝久

14:25 - 15:05 DOWAホールディングス株式会社寄附講座の設立趣旨と変遷
 東北大学 環境科学研究科 客員教授白鳥 寿一

15:05 - 15:25 休憩

司会 東京大学 生産技術研究所 特任教授 中村 崇

15:25 - 16:05 非鉄製錬における教育をベースとした産学連携の実践
 京都大学工学研究科 教授宇田 哲也

16:05 - 16:45 Activity of EIT Raw Materials (Tentative)
 Tallinn University of Technology, member of Executive Board,
 EIT Raw Materials Professor Michael Hitch

16:45 - 17:25 我が国の金属資源動向
 経済産業省 資源エネルギー庁 鉱物資源課 課長大東 道郎

17:30 - 19:30 交流会
 東京大学 生産技術研究所 An棟1階 レストラン アーペ


*詳しくは下記ホームページをご参照ください。
http://www.okabe.iis.u-tokyo.ac.jp/japanese/rc40_j.html
2019/09/20

2019年 俵論文賞、澤村論文賞、卓越論文賞 受賞決定のお知らせ


俵論文賞、澤村論文賞、ギマラエス賞について: 
2018年の「鉄と鋼」、「ISIJ International」に掲載された論文を対象に選考し、2019年論文賞の受賞者が決定いたしました。
澤村論文賞は投稿数、掲載数の増加等に伴い、本年度より受賞上限数が6件となりました。 

卓越論文賞について: 
本年度、「鉄と鋼」または「ISIJ International」に掲載された論文のうち、原則とし て前10±1カ年にわたって学術上、技術上最も有益で影響力のあ る論文の著者に授与される卓越論文賞が新設され、 決定いたしました。

【俵論文賞】(4件)

回転強度試験における時系列3D scanningと固気液三相の移動解析によるコークス変形が及ぼす充填層内流れ特性評価
鉄と鋼, Vol.104, No.7, pp.347-357
夏井俊悟, 澤田旺成(北大), 照井光輝, 柏原佑介(JFEスチール), 菊地竜也, 鈴木亮輔(北大)

受賞理由



銅キレート剤を用いた鋼中硫化物分析法の開発
鉄と鋼, Vol.104, No.11, pp.634-639
水上和実(新日鐵住金,日鉄住金テクノロジー),板橋大輔, 相本道宏, 西藤将之(新日鐵住金)

受賞理由



熱延鋼板におけるSiおよびMn選択外部酸化がFe-Mn合金反応に及ぼす影響
鉄と鋼, Vol.104, No.11, pp.646-654
木庭正貴, 伏脇祐介, 長滝康伸(JFEスチール)

受賞理由



パーライト鋼の格子ひずみと強度に及ぼすV添加の影響
鉄と鋼, Vol.104, No.11, pp.673-682
前島健人, 米村光治, 河野佳織(新日鐵住金), 宮本吾郎(東北大)

受賞理由



【澤村論文賞】(6件)


Recovery of Phosphorus from Modified Steelmaking Slag with High P2O5 Content via Leaching and Precipitation
ISIJ International, Vol.58, No.5, pp. 833-841
Chuan-ming, DU, Xu GAO(東北大学), 植田 滋, 北村信也(東北大学)

受賞理由



Mechanism of Mild Cooling by Crystallisation of Mould Flux for Continuous Casting of Steel - A View from Apparent Thermal Conductivity under Steep Temperature Gradient –
ISIJ International, Vol.58, No.5, pp.905-914
高橋俊介, 遠藤理恵, 渡邊 玄, 林 幸, 須佐匡裕(東工大)

受賞理由



Oxidation of Ti Added ULC Steel by CO Gas Simulating Interfacial Reaction between the Steel and SEN during Continuous Casting
ISIJ International, Vol.58, No.7, pp.1257-1266
Joo-Hyeok LEE(POSTECH), Myeong-Hun KANG, Sung-Kwang KIM(POSCO), Youn-Bae KANG(POSTECH)

受賞理由



In-situ Evaluation Method for Crack Generation and Propagation Behaviors of Iron Ore Burden during Low Temperature Reduction by Applying Acoustic Emission Method
ISIJ International, Vol.58, No.8, pp.1413-1419
水谷守利, 西村恒久, 折本 隆, 樋口謙一, 野村誠治, 齋藤公児(新日鐵住金),葛西栄輝(東北大)

受賞理由



Anisotropy in Hydrogen Embrittlement Resistance of Drawn Pearlitic Steel Investigated by in-situ Microbending Test during Cathodic Hydrogen Charging
ISIJ International, Vol.58, No.2, pp.340-348
富松宏太, 網野岳文, 千田徹志, 宇治舜矢, 小此木真, 川田光, 大村朋彦, 丸山直紀,西山佳孝(新日鐵住金)

受賞理由



In-situ Neutron Diffraction Study on Ferrite and Pearlite Transformations for a 1.5Mn-1.5Si-0.2C Steel
ISIJ International, Vol.58, No.11, pp. 2125-2132
友田 陽, Yan Xu WANG, 大村孝仁(物質・材料研究機構), 関戸信彰(東北大), Stefanus HARJO, 川崎卓郎(日本原子力研究開発機構), Wu GONG(京都大), 谷山 明(新日鐵住金)

受賞理由


【ギマラエス賞】

該当なし


【卓越論文賞】(2件)

Fe-40 mass%Ni-5 mass%Cr合金溶製工程における非金属介在物の生成予測
鉄と鋼, Vol.95(2009), No.12, pp. 827-836
佐藤奈翁也(東北大), 谷口 徹, 三嶋節夫, 岡 照恭(日立金属), 三木貴博, 日野光兀(東北大)

受賞理由



High-strength Fe-20Mn-Al-C-based Alloys with Low Density
ISIJ International, Vol.50(2010), No.6, pp. 893-899
須藤祐司, 神谷尚秀, 海野玲子, 大沼郁雄, 石田清仁(東北大)

受賞理由




2019/09/18

2020年 俵・澤村論文賞・ギマラエス賞候補論文の自薦について

「鉄と鋼」Vol.105(2019, No.1~No.12)に掲載された論文、及び「ISIJ International」Vol.59 (2019, No.1~No.12)に掲載された論文の寄稿者は、「鉄と鋼」掲載の場合は俵論文賞、「ISIJ International」の場合は澤村論文賞の候補論文に、自著の論文に限り自ら推薦することができます(「鉄と鋼」または「ISIJ International」からの転載論文は推薦できません)。 

また、ニオブに関する論文の寄稿者は上記俵論文賞、澤村論文賞と併せてギマラエス賞にも自薦することができます(ギマラエス賞のみの自薦はできません)。推薦要領は下記の通りです。 


1.候補論文推薦締切2020316日(月)必着(締切後は受け付けられません)
2.必要書類:指定推薦用紙1通

推薦用紙はこちらからダウンロードできます。

俵論文賞候補論文 推薦書
澤村論文賞候補論文 推薦書


E-mail添付ファイルまたは郵送にて下記宛にご送付下さい。

推薦用紙の送付先
一般社団法人 日本鉄鋼協会 学会・生産技術部門事務局 編集グループ 
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階 
TEL.03-3669-5933 FAX.03-3669-5934 E-mail: editol@isij.or.jp

2019/08/30

第28回奨学賞の推薦校募集要項(応募締切日:2019年11月1日)

奨学賞はこれまで全国大学材料関係教室協議会参加大学の学部学生を対象にしておりましたが、材料分野の発展の貢献が期待できる多くの優秀な学生を幅広く奨励するため、全国大学材料関係教室協議会参加大学以外の教育機関からも広く募集いたします。
下記要項によりご応募下さい。

奨学賞募集要項
1.教育機関の募集:
・国内の材料系の学科又はコース等を有する大学および高等専門学校
・同一の教育機関(1校)の応募数は、関係する材料系の学科又はコース等に拘らず1件とします。
2.教育機関における候補者の対象:
・大学は学士課程4年に在学する学生。
・高等専門学校は専攻科2年に在学する学生。
3.推薦校の推薦者資格:
・教育機関の代表専攻長(代表学科主任)
 同一教育機関の応募窓口は事前にご調整願います。
・下記の全国大学材料関係教室協議会の参加大学には、推薦校の資格が与えられます。
4.手続き:所定の応募用紙(本会HPよりダウンロードできます)により必要事項を記入の上、
       ご応募下さい。
5.応募締切:2019年11月1日(金)
6.申込問合先:〒980-8544 仙台市青葉区一番町一丁目14-32
(公社)日本金属学会 奨学賞係
TEL 022-223-3685 FAX 022-223-6312
Email:gaffair@jim.or.jp

7.2019年全国大学材料関係教室協議会の参加大学(35校) 
大学名
1北海道大学13豊橋技術科学大学25大阪府立大学
2室蘭工業大学14名古屋大学26兵庫県立大学
3岩手大学15名古屋工業大学27石巻専修大学
4秋田大学16京都大学28千葉工業大学
5東北大学17大阪大学29東京理科大学
6茨城大学18島根大学30芝浦工業大学
7筑波大学19香川大学31東海大学
8東京大学20愛媛大学32金沢工業大学
9東京工業大学21九州大学33関西大学
10横浜国立大学22九州工業大学34近畿大学
11長岡技術科学大学23長崎大学35早稲田大学
12富山大学24熊本大学  




2019/07/31

日本金属学会・日本鉄鋼協会 第9回女性会員のつどい特別企画「梅津先生を囲む会」開催案内

毎年、秋期講演大会期間中に女性会員の方々が気軽に意見交換できる「つどい」を行っておりますが、今回は特別企画として、優れた女性科学者に贈られる「猿橋賞」を受賞されました梅津理恵先生(東北大学金属材料研究所)を囲む会を開催します。梅津先生の子育てしながらの研究生活など実体験談のトークを交え、女性活躍の推進や働き方について、本音トークを交わしましょう!男女を問わず会員皆様のご参加をお待ちしております。

主催:日本金属学会・日本鉄鋼協会男女共同参画委員会
日時:2019年9月13日(金)12:00~13:00 
会場:岡山大学津島キャンパス一般教育棟D棟2階D23(金属学会会場)

参加資格:金属学会・鉄鋼協会参加者。(今回は男性会員もO.K.!)
 学生さん、子連れもwelcome♪
参加申込:参加を希望される方は、8月30日(金)までに申込書にご記入の上、 お申込み下さい。
 当日の飛び入り参加も可能です。期日までに参加申込みいただいた方には、弁当を
 無料提供いたします。
 8月31日以降の参加申込み・当日参加される方は、弁当をご持参願います。
参加費:無料

【男女共同参画委員会について】
 日本金属学会と日本鉄鋼協会は、2007年に男女共同参画合同委員会を設置し、学会期間中の
託児室合同設置、若い会員向けのキャリアパスを考えるランチョンミーティング、合同ホーム
ページや育児・男女共同参画等の情報交換をするためのメーリングリストの開設を行うなど、
金属・材料分野における女性会員の活動を支援し、女性会員の増強を目指しています。


問合・申込先:男女共同参画委員会係
 Email:gaffair@jim.or.jp
 TEL:022-223-3685

12345
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan