ホーム > お知らせ 

お知らせ

12345
2020/01/29

2020年度 高温プロセス部会  博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援選考結果のお知らせ

2020年度前期後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援への申請案件につき、
1月22日開催の高温プロセス部会運営委員会で審議した結果、
下記1件の採択が決まりました。

氏  名:LU Yan(ルウ ヤン)
所  属:東北大学工学研究科 長坂研究室
学  年:博士後期2年
会 議:The 11th International Conference on Molten Slags, 
Fluxes and Salts(molten2020)
開催日時:2020年5月25日~29日
発表論文:Thermodynamic properties of molten MnS-CrS-FeS phase
助成額:44,000円(予定)
2020/01/23

2020年度博士後期課程学生を対象とした国際会議参加費支援の募集案内(2020年9月1日締切)

高温プロセス部会では、「優秀な鉄鋼関係の研究者・技術者の育成」を目的として、大学院博士後期課程在学生が、国際会議・シンポジウムへ参加し、研究論文などの発表(ポスター発表を含む)を行う際に必要な参加費の一部を補助いたします。

若い時期より国際会議へ参加し、発表を通じて関係学理への知見を深め、世界中の研究者の中に人脈を広げる機会を得ることは、これからの鉄鋼研究を担う方々にとってプラスの経験になると考えます。 

国際会議で発表を行おうと考えている学生さんは是非奮ってご応募下さい。

1.補助対象
・大学院博士後期課程に在学する学生。(講師、助教、学振特別研究員、休学者、および企業等に所属する社会人学生は対象外とします)
・非会員でも応募可。ただし、採択された場合は、本会学生会員として入会すること。
・所属する研究室の指導教員が、必ず鉄鋼協会会員であること。
・応募件数は1人1件。
(同一研究室からの応募の場合、同一会議については1件、年間2件までとします。)
2.補助の対象となる国際会議等
高温プロセスに関連する国際会議(2020年3月1日~2020年8月31日開催)で、2カ国以上の参加者を対象とする国際会議・シンポジウム。
3.補助内容
・登録料(学会参加費・プロシーディングス代)を上限50,000円程度/人まで補助します。
・50,000円を超える場合は、ご相談下さい。
4.申請方法
申請用紙をダウンロードし、電子メールに添付してminakawa@isij.or.jpまで送信願います。
(A4サイズ1枚を厳守してください。)
5.締切:2020年9月1日(火)
6.選考
高温プロセス部会運営委員会にて行います。
7.結果通知
採択結果につきましては、ご本人および所属する研究室の指導教員宛にメールにて事務局より直接連絡いたします。
8.支給方法
【立て替え払い】
・申請者が研究論文等の発表を行う事が明記されている国際会議、シンポジウムのプログラムおよび登録料(学会参加費)が記載されている書類と登録料(学会参加費)の領収書コピーを添付し、口座指定用紙とあわせて提出して下さい。(クレジットカードによる支払いの場合は、領収書コピーの代わりにクレジットカードの利用明細書コピー(関連項目以外は消去)でも結構です。)
【奨学寄附】
・奨学寄附金として申請者が所属する機関に経理を委託します。研究室(指導教員名)、寄付の目的等が記載された寄付申込書フォーマットを事務局まで送信下さい。
9.交付条件
採択された方は、対象会議出席後、または、採択通知後1ヶ月以内に報告書(A4版半ページ程度)を提出して下さい。お預かりした報告書は高プロToday(年2回発行)に掲載いたします。
10.応募書類・内容の取り扱い
1)応募書類は返却しません。また応募された内容は選考会議を除いて公開しません。
2)選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合があります。

【申込・問い合わせ先】
 一般社団法人 日本鉄鋼協会 学術企画グループ 皆川
 TEL.03-3669-5932 E-mail:minakawa@isij.or.jp

2020/01/23

高温プロセス部会 研究会準備助成(2020年度助成)募集案内(募集締切日:2020年4月13日)

高温プロセス部会では、部会活動活性化の一環として当部会からの研究会設立を最終目的とする研究会準備のための活動を支援するため、助成制度を実施しております。

皆様からのご応募をお待ちしております。


 1.目  的:高温プロセス部会を主として研究会設立を目的とする活動を支援。
 2.応募条件:
  1)応募件数は1人1件。
  2)主査は必ず鉄鋼協会正会員であること。
  3)高温プロセス部会を主として研究会設立を目的とした提案に限る。
  4)研究会として提案し、不採択となったテーマについても応募可能。
     但し、申請書に
不採択となった理由を踏まえた上での改善点、どのように克服し、次年度に
     臨もうとして
いるかを明記すること。
  5)他の研究会との参加メンバー重複につきましては、事前に調整すること。
 3.募集期間:2020年2月3日(月)~4月13日(月)17:00(必着)
 4.採択予定件数:1~2件
 5.助成金額:原則30万円/件
 6.助成期間:2020年5月上旬~2021年2月末日まで
 7.申請方法:申請用紙をダウンロードし、電子メールに添付してminakawa@isij.or.jpまで
        送信願います。(A4サイズ1枚を厳守)
 8.選  考:選考は2020年4月下旬開催予定の高温プロセス部会運営委員会にて実施。
 9.結果通知:2020年5月上旬に主査の方へ事務局より直接連絡します。
10.助成金交付:研究費として支給する場合は、主査の方へ奨学寄附金として一括支給。
         旅費および会議費として支給を希望される場合は、事務局より都度払いで
         対応しますので、主査を通じて事務局へ請求願います。
11.応募書類・内容の取り扱い:
  1)応募書類は返却しません。また応募された内容は選考会議を除いて公開しません。
  2)選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合があります。

 問い合わせ先:一般社団法人日本鉄鋼協会 学術企画グループ 皆川
 TEL.03-3669-5932 E-mail:minakawa@isij.or.jp




2020/01/22

第179回春季講演大会概要集「材料とプロセス」都度予約のご案内

個人会員の皆様向けに、2019年春季講演大会より講演大会1回分の「材料とプロセス」および参加資格のご予約が可能な都度予約制度を新設しました。インターネットでお申し込みができ、オンラインクレジットカード決済もしくは請求書発行による銀行口座振り込みでお支払いできます。

第179回春季講演大会(会期:2020年3月17日(火)~19日(木)、会場:東京工業大学 大岡山キャンパス)における都度予約のお申込は、下記の通り受け付けます。当日登録よりも参加費が安く、受付がスムーズになりますので、ご参加予定の方は是非ご検討下さい。


1.予約内容:
第179回春季講演大会概要集「材料とプロセス Vol.33 No.1」(CD-ROM)   1枚
※第179回春季講演大会の参加資格を含む

2.受付期間:
2020年1月31日(金)~3月6日(金) 17:00締切(申込・送金とも)
上記期間中に限り、第179回春季講演大会ホームページ上に、都度予約ウェブサイトおよび都度予約マイページへのリンクを表示します。

3.対象者:
2020年会費を納入済みの本会個人会員に限らせていただきます。
また、2020年春・秋季講演大会の年間予約と重複してのお申込はできません。
年間予約と重複してお申し込みされた場合は、都度予約をキャンセルさせていただきます。

4.予約金額(消費税10%込):
会員区分都度予約価格(参考)当日価格
 正会員・準会員・賛助会員・外国会員6,200円9,000円
 学生会員(日本国内・国外)2,100円3,000円

5.支払方法:
オンラインクレジットカード決済または銀行口座振り込み。
請求書および領収証が必要な場合は、都度予約マイページからご自身にて印刷願います。

6.申込手順:
1)第179回春季講演大会ホームページから都度予約ウェブサイトにアクセスして下さい。

2)会員番号・氏名・支払い方法など、所定の情報を登録して下さい。
【入力上の注意点】
・対象者は2020年会費支払い済みの個人会員のみとなります。会費未入金の場合は登録できません。
・2020年春・秋季講演大会の年間予約にお申し込みいただいた方は登録できません。
・氏名および会員番号は会員証を確認の上ご入力下さい。特に氏名については、入力された字体が
 会員証と異なる場合はエラー表示となり、登録できません。

3) 登録完了後に、都度予約の受付番号とパスワードが画面に表示されます。都度予約マイページにログインする際には、この受付番号とパスワードが必要となります。電子メールでも受付番号とパスワードをお送りしますので、大事に保管して下さい。お申込みから24時間以内にメールが届かない場合は、事務局にお問い合わせ下さい。

4) お支払いについて
・都度予約マイページにログインし、下記の手順で3月6日(金)17:00までに支払い手続きを行って下さい。
支払期限までにご入金が確認されない場合は、ご所属機関に問い合わせをさせていただきますので了承下さい。

オンラインクレジットカード決済を選択された場合
・都度予約マイページの「参加費支払手続き」ボタンを押し、表示された入力フォームにクレジットカード
 の情報を登録して送信ボタンを押して下さい。
・決済後すぐに都度予約マイページから領収書が印刷可能となります。
・請求書は発行いたしません。

 銀行振り込みを選択された場合
・まずは都度予約マイページの「参加費支払手続き」ボタンを押し、「銀行振込」を選択して送信ボタンを
 押して下さい。振り込み口座番号が画面に表示されます。申し込みごとに異なる口座番号を割り当てて
 おりますので、お振り込みに際しては必ずこの口座番号にお振り込み下さい
(この口座番号は電子メール
 でもご連絡いたします)。
・振り込み手数料はご予約者がご負担下さい。
・日本国内の金融機関以外のご入金はお受けできませんのでご注意下さい。
・請求書が必要な場合は、都度予約マイページからご自身で出力して下さい。
・ご入金が確認されますと、都度予約マイページから「領収書」が印刷可能となります。
 銀行振り込みの場合は入金確認に数日かかる場合がございますので予めご承知願います。

7.大会当日の参加受付について
・都度予約マイページから参加券を印刷し、当日受付にお持ち下さい。参加券と引き換えに「材料とプロ
 セス」と講演大会用参加名札をお渡しします。

8.注意事項:
・請求書および領収書の本会角印が印刷されない場合は、ご利用のブラウザの設定を「背景画像」が印刷
 できるように変更して下さい。
・都度予約マイページは2020年5月1日(金)をもってクローズします。
 領収書が必要な方は必ず5月1日(金)までに出力して下さい。
・都度予約申込みのキャンセルをご希望の場合は、都度予約マイページの「キャンセル」ボタンを押して
 下さい。但し、ご入金後(決済後)のキャンセルはお受けできませんのでご注意下さい。
・講演大会に参加されなかった場合でも返金はいたしません。
 講演大会終了後に、会員名簿に登録された住所に講演大会概要集「材料とプロセス」をお届けします。
・誤って二重入金された場合は、翌年度の年会費の一部に充当させていただくこととし、返金はいたしませ
 んのでご了承下さい。

申込み・問合せ先: 日本鉄鋼協会 学術企画グループ 阿部恵理
         TEL.03-3669-5932 E-mail:eabe@isij.or.jp

2020/01/21

日本鉄鋼協会2020年名誉会員決定のお知らせ

下記のとおり、新名誉会員が決定いたしましたのでお知らせいたします。名誉会員推挙式は3月17日午後、東京工業大学において、第179回春季講演大会時に行われます。


石田 清仁 君 東北大学名誉教授
松尾  孝 君 東京工業大学名誉教授
黒木 啓介 君 新日本製鐵(株)(現日本製鉄(株))元副社長、独立行政法人石油天然ガス・金属
        鉱物資源機構前理事長
武田 安夫 君 新日本製鐵(株)(現日本製鉄(株))元副社長、山陽特殊製鋼(株)元社長
Dong-Joon MIN(閔 東晙)君 
        Former Senior Vice President, Professor of Materials Science & Engineering,
        Yonsei University


2020/01/14

2020年度学部学生の製鉄所見学事業の募集

日本鉄鋼協会  育成委員会 産学人材育成WG
1.事業の概要
学部学生の授業の一環、または将来の就職や進学を考える際の参考として製造現場の見学を計画している大学の活動に対して、見学の移動費を日本鉄鋼協会がお支払いします。
2.目的
鉄の物作りや鉄鋼製品と利用技術に興味がある、全ての学部学生に鉄鋼製造現場見学等を体験し、実態を良く知ってもらう。
3.募集内容
1) 大学全学部の主に1~3年生を対象とした、見学事業
2) 2020年4月~2021年3月に行われる見学事業とします。
3) 見学実施スケジュールは、各大学にて計画して下さい。
4) 1件あたり15万円(税込み)を上限とします。
5) 学科単位で担当の教員を決めていただき、担当の教員が企画(見学場所、見学先との日程調整、
  バスの手配、学生の募集)・実施することとし、授業の一環として実施することを推奨します。
6) 参加者(教員及び学生)の傷害保険は本会では付保しませんので、必要とされる場合は大学で
  ご加入下さい。
7) 本会ホームページ上の申請書にてご応募下さい。採否は本WGで公正に審査し決定します。
  応募多数の場合はご要望にお応え出来ない場合がありますので、予めご了承下さい。
8) 今後の参考とし、この企画をより効果的にするために、事後にアンケートへの回答をお願い
  いたします。
4.募集条件
1) 同一大学からの申請は、1大学3件までとします。
2) 修士生対象の見学事業の申請は、募集を締切った時点で、予算に余裕がある場合、受け入れます。
3) 原則日帰りの製鉄所見学に対するバス代が対象ですが、2日以上の行程の場合は、製鉄所を見学
  する日のバス代とします。(大学(地方)によっては製鉄所が日帰りの範囲にあるとは限らないた
  め。) 「少なくとも見学場所の1つに鉄鋼製造現場を組み込む」ことを条件とします。
5.応募期間
2020年1月14日~2020年4月末(全体予算枠の範囲内で受け付けます。)

 問合せ先
 (一社)日本鉄鋼協会 育成グループ 栗山
 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 3-2-10 鉄鋼会館5階
 TEL: 03-3669-5933  E-mail: kuriyama@isij.or.jp

2019/12/20

AIシンポジウム2020 ~最新AI技術と社会実装への取組み~

中国経済産業局では、最新のAIシステムやプラントでの活用事例を通じて、AI社会実装の機運醸成を図る目的でシンポジウムを開催します。
AIに係る導入意義の実感と活用方法を探るきっかけ作りにお役立てください。

インターネット同時配信も行います。是非、御参加ください。
(1)開催時期:令和2年2月7日(金)14:00~16:30
(2)開催場所:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前 ホール2A
         インターネット同時配信
(3)主   催:中国経済産業局
(4)定   員:130名(参加費無料)
(5)講演内容
   ①「ビッグデータを活用した故障予兆監視システムの開発と高度化」
    講演者:中国電力(株)及び日本電気(株)
   ②「発電所運営の高度化を実現するIoTソリューション」
    講演者:東芝エネルギーシステムズ(株)
   ③「プラント診断サービス「ARTiMo」が変えるプラントの操業と保安」
    講演者:(株)日立製作所
   ④「AI技術を活用したプラントオペレーション最適化への取組み」
    講演者:三菱重工業(株)



問合先:中国経済産業局 資源エネルギー環境部環境・リサイクル課
 cgk-junkan@meti.go.jp


12345
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan