サイト内検索
 
ホーム > お知らせ 

お知らせ

12345
2017/10/24

「ISIJ International」特集号「Innovation for Ironmaking Systems Combined with Low-Carbon, Material Recycle and Energy Saving Technologies」原稿募集のご案内


「ISIJ International」
特集号「Innovation for Ironmaking Systems Combined with Low-Carbon, Material Recycle and Energy Saving Technologies」原稿募集のご案内

社会の低炭素化、資源循環利用、省エネルギーの要請を受けて将来に向けた新たな炭素・物質循環製鉄システムの確立が望まれている。本号では炭素・物質循環、省エネルギーを伴う将来向けの革新的な製鉄システムに関わる最近の研究成果を特集する。研究対象として炭素循環製鉄の実現に必要である二酸化炭素再資源化、電気分解技術、炭素・物質循環製鉄システムの工業的、経済的また環境的なプロセス価値評価、炭素・物質循環に関わる炉内現象、トランプエレメントの把握がある。さらに製鉄プロセスにおける省エネルギー、低炭素、省資源技術等も重要なテーマである。なお本特集は日本鉄鋼協会 スマート製鉄システム研究会(H27-29年度)の活動成果も集約される予定である。

日本、世界に資する次世代低炭素・省資源・省エネルギー製鉄システムの礎となる研究報告を広く歓迎する。


1.スコープ:低炭素化、資源循環利用、省エネルギーを実現する新たな炭素・物質循環製鉄システムに関わる技術 開発を特集する。


2.投稿締切:2018年5月15日(火)必着(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)


3.発行予定:「ISIJ International」 Vol.59(2019年),No.4(2019年4月15日発行)


4.投稿規程、
  審査方法:
投稿規程は論文誌投稿規程(「ふぇらむ」6号および本会ホームページ(http://www.isij.or.jp/))をご参照下さい。審査は通常の審査方法に準拠します。


5.企画世話人
 ・問合せ先:
加藤之貴  東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所
TEL. 03-5734-2967 FAX. 03-5734-2697 E-mail: yukitaka@lane.iir.titech.ac.jp


6.原稿送付先:下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。
http://mc.manuscriptcentral.com/isijint


電子投稿の操作に関し、ご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(Tel. 03-3669-5933 E-mail: editol@isij.or.jp)

2017/10/23

評価・分析・解析部会 平成30年度新規フォーラムおよび新規自主フォーラムの募集

評価・分析・解析部会長 井上 亮(秋田大)

評価・分析・解析部会は、平成30年度からスタートする新規フォーラムおよび自主フォーラム(活動期間は原則として、それぞれ3年)を募集する。現在、6つのフォーラム(①鉄鋼分析技術修得のための可視化教材のデータベース化、②鋼中水素分析、③鉄関連材料のヘテロ構造・組織の解析研究、④材料の構成元素の化学状態と特性の相関の評価・解析、⑤X線顕微鏡の鉄鋼分野への応用、および⑥オンサイトおよびオンライン分析に役立つ分析技術と1つの自主フォーラム(材料中の微量元素の役割の評価)が活動を行っている。

特定の課題や研究テーマについて共通の興味や関心を持つ会員同志の情報交換、討論、資料収集や勉強会、あるいは共同実験の実施や評価などの場としてフォーラムや自主フォーラムを活用していただきたい。また、フォーラムおよび自主フォーラムの活動が、研究・技術レベルの向上、部会会員増、ひいては部会の活性化につながるようなシーズを生み出すことを期待する。

新規フォーラムの立ち上げを考える際には、そのフォーラム活動が終了後には、更に発展させて研究会としての活動が行うことを視野に入れて計画を立てていただきたい。フォーラムに採択されれば、活動交付金(フォーラム:上限35万円/年、自主フォーラム:上限10万円/年)が支給される。新規フォーラムや新規自主フォーラムの応募は遅くとも平成29年11月30日(木)までに行っていただきたい。

問合せと申込みは、E-mailまたは電話で下記連絡先まで(部会HP(https://www.isij.or.jp/Bukai/Gakujutsu/Hyoka/index.html)も参照のこと)。奮って応募いただきたい。参考までに、現在活動しているフォーラムについては本部会HPのニュースレターズに掲載されているので、確認されたい。フォーラム参加の際には、評価・分析・解析部会への会員登録をお願いする。


設立提案書ダウンロード

連絡先:(一社)日本鉄鋼協会 学術企画グループ 平沢
E-mail:hirasawa@isij.or.jp
TEL:03-3669-5932

2017/10/03

高温プロセス部会 博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援のご案内


高温プロセス部会では、「優秀な鉄鋼関係の研究者・技術者の育成」を目的として、大学院博士後期課程在学生が、国際会議・シンポジウムへ参加し、研究論文などの発表(ポスター発表を含む)を行う際に必要な参加費の一部を補助いたします。

若い時期より国際会議へ参加し、発表を通じて関係学理への知見を深め、世界中の研究者の中に人脈を広げる機会を得ることは、これからの鉄鋼研究を担う方々にとってプラスの経験になると考えます。

国際会議で発表を行おうと考えている学生さんは是非奮ってご応募下さい。また、指導教員各位も制度の利用をお勧め下さい。


1. 補助対象
・大学院博士後期課程に在学する学生。
(講師、助教、学振特別研究員、休学者、および企業等に所属する社会人学生は対象外とします)
・非会員でも応募可。ただし、採択された場合は、本会学生会員として入会すること。
・所属する研究室の指導教員が、必ず鉄鋼協会会員であること。
・応募件数は1人1件。
(同一研究室からの応募の場合、同一会議については1件、年間2件までとします。)

2. 
補助の対象となる国際会議等
高温プロセスに関連する国際会議(2018年3月1日~2018年8月31日開催)で、2カ国以上の参加者を対象とする国際会議・シンポジウム。

3. 
補助内容
参加費(プロシーディング代含む)負担(上限50,000円/人)。

4. 申請方法
申請用紙をダウンロードし、電子メールに添付してminakawa@isij.or.jpまで送信願います。
(A4サイズ1枚を厳守してください。)

5. 締切:
2018年1月12日(金)
*後期の募集は2018年9月下旬を予定しています。
(対象会議:2018年9月1日~平成2019年2月28日開催分)

6. 選考
高温プロセス部会運営委員会にて行います。

7. 結果通知
採択結果につきましては、ご本人および所属する研究室の指導教員宛にメールにて事務局より直接連絡いたします。

8. 支給方法
・経理処理の都合上、一旦立て替え払いいただき、後日振込となります。
・申請者が研究論文等の発表を行う事が明記されている国際会議、シンポジウムのプログラムおよび登録料(学会参加費)が記載されている書類と登録料(学会参加費)の領収書コピーを添付し、口座指定用紙とあわせて提出して下さい。
(クレジットカードによる支払いの場合は、領収書コピーの代わりにクレジットカードの利用明細書コピー(関連項目以外は消去)でも結構です。)

9. 交付条件
採択された方は、対象会議出席後、または、採択通知後1ヶ月以内に報告書(A4版半ページ程度)を提出して下さい。お預かりした報告書は高プロToday(年2回発行)に掲載いたします。

10. 応募書類・内容の取り扱い
1)応募書類は返却しません。また応募された内容は選考会議を除いて公開しません。
2)選考の過程で、詳細資料の提示あるいは詳細説明を依頼する場合があります。

問い合わせ先:一般社団法人日本鉄鋼協会 学術企画グループ 皆川
TEL.03-3669-5932 E-mail:minakawa@isij.or.jp

2017/10/02

平成29年度 高温プロセス部会 博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援選考結果のお知らせ


平成29年度第二期博士後期課程学生を対象とした国際会議等参加費支援への申請案件について、9月25日開催の高温プロセス部会運営委員会で審議した結果、下記2件の採択が決まりました。


氏  名:渡邉 学(ワタナベ マナブ)
所  属:東北大学大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 福山研究室
学  年:博士後期2年
会 議 名 :European Conference on Thermophysical Properties
開催日時:平成29年9月3日~9月7日
発表論文:Density measurement of liquid state binary platinum alloys using EML method with static magnetic field
助 成 額 :€250

氏  名:原田 祐亮(ハラダ ユウスケ)
所  属:九州大学工学府 物質プロセス工学専攻 中島研究室
学  年:博士後期2年
会 議 名 :European Conference on Thermophysical Properties
開催日時:平成29年9月3日~9月7日
発表論文:Impedance mesurement of alkali silicate melts under alternating current field
助 成 額 :€250

2017/09/29

日本非破壊検査協会 睦賞のご案内


「日本非破壊検査協会 睦賞」の募集が始まっていますので、ご案内申し上げます。

詳細は、  http://www.jsndi.jp/honor_award/index.html  までアクセスをお願いいたします


申請書提出期限:平成29年12月末日

<お問い合わせ先>
一般社団法人 日本非破壊検査協会 総務部 表彰審査委員会係
〒136-0071 東京都江東区亀戸2-25-14(立花アネックスビル10階)
電話: 03-5609-4011

2017/09/27

平成30年 俵・澤村論文賞候補論文の自薦について


「鉄と鋼」Vol.103(2017, No.1~No.12に掲載された論文、及び「ISIJ International」Vol.57 (2017, No.1~No.12に掲載された論文の寄稿者は、「鉄と鋼」掲載の場合は俵論文賞、「ISIJ International」の場合は澤村論文賞の候補論文に、自著の論文に限り自ら推薦することができます(「鉄と鋼」または「ISIJ International」からの転載論文は推薦できません)。

また、平成15年度よりニオブに関する優秀論文に与えられるギマラエス賞が設けられました。ニオブに関する論文の寄稿者は上記俵論文賞、澤村論文賞と併せてギマラエス賞にも自薦することができます(ギマラエス賞のみの自薦はできません)。推薦要領は下記の通りです。


1.候補論文推薦締切:2018年3月16日(金)必着(締切後は受け付けられません)
2.必要書類:指定推薦用紙1通
推薦用紙はこちらからダウンロードできます。
E-mail添付ファイルまたは郵送にて下記宛にご送付下さい。

推薦用紙の送付先
一般社団法人 日本鉄鋼協会 学会・生産技術部門事務局 編集グループ
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階
TEL.03-3669-5933 FAX.03-3669-5934 E-mail: editol@isij.or.jp

2017/09/27

平成29年 論文賞受賞決定


2016年の「鉄と鋼」、「ISIJ International」に掲載された論文を対象に選考し、平成29年論文賞の受賞が次のとおり決定いたしました。

俵論文賞(4件)

振動電磁場の印加下における導電性流体中の非導電性粒子挙動に及ぼすバセット力の影響受賞理由
鉄と鋼, Vol.102(2016), No.3, pp.106-112
丸山明日香,岩井一彦(北大)

ひずみ・微細組織・き裂/ボイドのマルチスケール観察による鉄鋼の損傷発達機構解析:εマルテンサイトが関与する損傷発達の場合受賞理由
鉄と鋼, Vol.102(2016), No.5, pp.227-236
金子貴裕,小山元道,藤澤友也(九大),津﨑兼彰(九大,物材機構)

還元処理による製鋼スラグからのりん分離挙動に及ぼすスラグ組成の影響受賞理由
鉄と鋼, Vol.102(2016), No.9, pp.485-491
中瀬憲治,松井章敏,菊池直樹,三木祐司(JFEスチール)

Si添加鋼のFe-Zn合金化反応に及ぼすMn添加量の影響受賞理由
鉄と鋼, Vol.102(2016), No.10, pp.583-590
牧水洋一,鈴木善継(JFEスチール),谷本 亘(JFEテクノリサーチ),青山朋弘,吉見直人(JFEスチール)


澤村論文賞(4件)


Hydrogen Permeation into a Carbon Steel Sheet Observed by a Micro-capillary Combined with a Devanathan-Stachurski Cell受賞理由
ISIJ International, Vol.56(2016), No.3, pp.431-435
伏見公志, 神実紗子, 北川裕一, 中西貴之, 長谷川靖哉(北大)

Development of Biaxial Tensile Test System for In-situ Scanning Electron Microscope and Electron Backscatter Diffraction Analysis受賞理由
ISIJ International, Vol.56(2016), No.4, pp.669-677
久保雅寛, 吉田博司, 上西朗弘(新日鐵住金), 鈴木清一(TSLソリューションズ), 中澤嘉明(新日鐵住金), 浜 孝之, 宅田裕彦(京大)

Dynamic Changes in Interfacial Tension between Liquid Fe Alloy and Molten Slag Induced by Chemical Reactions受賞理由
ISIJ International, Vol.56(2016), No.6, pp.944-952
田中敏宏, 後藤弘樹, 中本将嗣, 鈴木賢紀(阪大) 花尾方史, 瀬々昌文, 山村英明(新日鐵住金), 吉川健 (東大)

Effect of Iron Ore Reduction on Ferro-coke Strength with Hypercoal Addition受賞理由
ISIJ International, Vol.56(2016), No.12, pp.2132-2139
内田 中, 山崎義昭, 松尾翔平, 齋藤泰洋, 松下洋介, 青木秀之(東北大), 濱口眞基(神戸製鋼)


ギマラエス賞
(1件)

Nb含有フェライト系ステンレス鋼の酸化挙動に対するSi添加効果受賞理由
鉄と鋼, Vol.102(2016), No.12, pp.704-713
井上宜治(新日鐵住金),平出信彦(新日鐵住金ステンレス),潮田浩作(新日鐵住金)


2017/09/26

日本金属学会・日本鉄鋼協会 第26回奨学賞の推薦校募集要項


奨学賞はこれまで全国大学材料関係教室協議会参加大学の学部学生を対象にしておりましたが、材料分野の発展の貢献が期待できる多くの優秀な学生を幅広く奨励するため、全国大学材料関係教室協議会参加大学以外の教育機関からも広く募集いたします。
下記要項によりご応募下さい。

奨学賞募集要項
1.教育機関の募集:
  • 国内の材料系の学科又はコース等を有する大学および高等専門学校
  • 同一の教育機関(1校)の応募数は、関係する材料系の学科又はコース等に拘らず1件とします。
2.教育機関における候補者の対象:
  • 大学は学士課程4年に在学する学生。
  • 高等専門学校は専攻科2年に在学する学生。
3.推薦校の推薦者資格:
  • 教育機関の代表専攻長(代表学科主任)
    同一教育機関の応募窓口は事前にご調整願います。
  • 下記の全国大学材料関係教室協議会の参加大学には、推薦校の資格が与えられます。
4.手続き:所定の応募用紙(本会HPよりダウンロードできます)に必要事項を記入の上、
ご応募下さい。
  
5.応募締切:2017年11月1日(水)
  
6.申込問合先:〒980-8544 仙台市青葉区一番町一丁目14-32
(公社)日本金属学会 奨学賞係
TEL 022-223-3685 FAX 022-223-6312
Email:gaffair@jim.or.jp


7.2017年全国大学材料関係教室協議会の参加大学(34校)
大学名
北海道大学13 豊橋技術科学大学25 大阪府立大学
室蘭工業大学14 名古屋大学26 兵庫県立大学
岩手大学15 名古屋工業大学27 石巻専修大学
秋田大学16 京都大学28 千葉工業大学
東北大学17 大阪大学29 東京理科大学
茨城大学18 島根大学30 芝浦工業大学
筑波大学19 香川大学31 東海大学
東京大学20 愛媛大学32 金沢工業大学
東京工業大学21 九州大学33 関西大学
10 横浜国立大学22 九州工業大学34 近畿大学
11 長岡技術科学大学23 長崎大学
12 富山大学24 熊本大学 

2017/09/19

公募 第59回藤原賞受賞候補者の推薦について


藤原科学財団より、藤原賞受賞候補者の推薦依頼がまいりました。本会の会員(名誉会員、賛助会員、正会員)で、本会からの推薦を希望される方は、募集要項書をホームページ(http://www.fujizai.or.jp/)からダウンロードしてご利用下さい。


1.藤原賞
1)趣旨:
日本国籍を有し、現在活躍中で科学技術の発展に卓越した貢献をした科学者を顕彰する。
2)受賞対象:
自然科学分野に属する基礎科学及び応用科学
3)賞の内容:
年2件。賞状、賞牌(金メダル)、副賞(各1千万円)

2.本会への提出期限・提出先:
1)提出期限:2017年12月6日(水)
2)提 出 先 :日本鉄鋼協会 学術企画グループ 亀井 千春
〒103ー0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階
TEL:03-3669-5932
E-Mail:kamei@isij.or.jp
※本会理事、学会部門担当代議員、学会部門副部門長、および委員会の長の内、いずれかの推薦状(書式は問いません)を添えて、ご提出下さい。


2017/09/15

戦略的創造研究推薦事業・総括実施型研究(ERATO)研究総括候補者の推薦について


このほど、科学技術振興機構殿より戦略的創造研究推薦事業・総括実施型研究(ERATO)研究総括候補者の推薦に関するご案内が届きました。

ERATOの研究総括候補の推薦を希望される方は、
http://www.jst.go.jp/erato/application/index.html
をご確認ください。

・推薦締切:平成29年11月30日(木) 12時(正午)

・本件連絡先:国立研究会法人 科学技術振興機構
研究プロジェクト推進部 和田氏
電話:03-3512-3528
FAX:03-3222-2068
E-Mail:erato-suisen@jst.go.jp

2017/09/15

日本学術会議提言「材料工学から見たものづくり人材育成の課題と展望」


日本学術会議会員の活動の一環として、「材料工学から見たものづくり人材育成の課題と展望」と題する提言書が公開されました。下記のリンクから閲覧できます。


http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t247-8.pdf
2017/08/30

平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ募集


宇宙航空研究開発機構では、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の船内環境の特徴を最大限に活用して、国の科学技術イノベーション政策への貢献や自由な発想に基づく独創的かつ先導的で国際的に高い水準の研究を推進するため、FSテーマを募集しています。


1.募集の名称:
平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマ募集

2.募集の締め切り:
平成29年9月30日(土)

3.募集の対象
■国の戦略的研究募集区分:
・「きぼう」を使ったヒトの加齢に関連する研究、

■一般募集区分(自由な発想に基づく船内利用研究):
・生命医科学分野
・物質・物理科学分野

詳細は、宇宙航空研究開発機構のホームページを参照して下さい。

4.お問い合わせ先:
一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「きぼう」利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp@jsforum.or.jp

2017/08/29

論文誌の目次表記方法の変更についてお知らせ


2018年1号より、論文誌「鉄と鋼」および「ISIJ International」の目次の表記方法が以下のように変更になります。これにより、本文の論文掲載順がそのまま目次に記載される形式となります。


【鉄と鋼】
従来(2017年12号迄):
研究分野(高温プロセス基盤技術、製銑、製鋼・・・など14分野)で分類して掲載
今後(2018年1号以降):
論文種別(レビュー、論文、寄書、技術報告)で分類し、さらに研究分野毎に掲載

【ISIJ International】
従来(2017年12号迄):
研究分野(Fundamentals of High Temperature Processes, Ironmaking, Steelmaking・・・など14分野)で分類して掲載
今後(2018年1号以降):
論文種別(Review article, Regular article, Note)で分類し、さらに研究分野毎に掲載

12345
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan