サイト内検索
 
ホーム > 刊行物・資料> 叢書 鉄鋼技術の流れ 第二シリーズ 

叢書 鉄鋼技術の流れ 第二シリーズ

本会に蓄積された知的財を歴史的に展望し、技術開発の流れを的確に記述した技術叢書。
本会育成委員会叢書WGで企画・編集した叢書「鉄鋼技術の流れ」第一シリーズ全10巻は、1999年2月に全巻が刊行致しました。これは鉄鋼協会が保有する知的財を歴史的に展望し、講義ノート的に各分野の権威者が個人執筆したもので、技術開発の流れが的確に記述されています。自主技術の開発を目指す諸氏にとっては、このような研究の流れから新たな発想が生まれるものであり、きわめて貴重な叢書です。第一シリーズに続き第二シリーズを1999年末から2002年に掛けて下記の内容で発行いたしました。

叢書「鉄鋼技術の流れ」の特徴
技術の流れについての歴史的展望を土台に!
技術がいかなる背景で発生し、どのように展開し、どのような流れを作ってきたかという、通時的視点をもって構成されています。
執筆者は斯界の権威者から人選!
執筆者には、自らの意見で題材を取捨、選択、評価、構成のできる個人を選び、内容の一切をその人の識見に委ねています。
歴史的な知的財を資料に!
基本的には、「鉄と鋼」(もしくはそれに準ずる資料)に掲載された歴史的価値ある総説論文を資料とし、現時点からみた評価を加えています。
鉄鋼科学技術の道標!
今後の鉄鋼工学の研究および技術の枠組みについて積極的な発言をするための基礎が整備されており、鉄鋼科学技術の道標として第一級の知的財となることを狙いとしています。

本会での購入方法:
叢書「鉄鋼技術の流れ」第二シリーズ全12巻一覧
テーマ執筆者発刊日
1焼結鉱稲角 忠弘(元新日本製鐵)既刊(2000年 9月)
2底吹き転炉法野崎 努(元川崎製鉄)(完売)既刊(2000年 2月)
3電気炉製鋼法森井 廉(大同特殊鋼)(完売)既刊(2000年 5月)
4薄鋼板製造技術阿部 光延(新日本製鉄)(完売)既刊(2000年 2月)
5鋼管の製造法林 千博(住友金属工業)(完売)既刊(2000年10月)
6ステンレス鋼遅沢 浩一郎(元日本冶金工業)既刊(2000年 6月)
7機械構造用鋼渡辺 敏幸(大同特殊鋼)既刊(2001年 3月)
8工具鋼清永 欣吾(元日立金属)既刊(2000年 3月)
9軸受用鋼瀬戸 浩蔵(元山陽特殊製鋼)既刊(1999年12月)
10超耐熱合金を中心とした
オーステナイト系耐熱合金鋼
渡辺 力蔵(元日立金属)既刊(2000年 2月)
11棒鋼・線材圧延稲守 宏夫(大同特殊鋼)
市田 豊(神戸製鋼所)
既刊(2001年 5月)
12石炭・コークス坂輪 光弘(高知工科大)
古牧 育男(北九州市立大)
山口 一良(元新日本製鉄)
既刊(2002年12月)
 
焼結鉱
 
底吹き転炉法
 
電気炉製鋼法
 
薄鋼板製造技術
 
鋼管の製造法
 
ステンレス鋼
 
機械構造用鋼
 
工具鋼
 
軸受用鋼
 
超耐熱合金を中心としたオーステナイト系耐熱合金鋼
 
棒鋼・線材圧延
 
石炭・コークス
 
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan