サイト内検索
 
ホーム > 部会・研究助成> 鉄鋼協会研究プロジェクト 

鉄鋼協会研究プロジェクト(旧 産発プロジェクト展開鉄鋼研究)


「鉄鋼協会研究プロジェクト」は、平成18年度からスタートした「産発プロジェクト展開鉄鋼研究」が、本会のプロジェクトであることがより明確になるよう平成28年度募集分から名称を改めたもので、日本鉄鋼業の技術力を発展・成長させる上で重要かつ基盤的なテーマ領域において、産官学が連携してその研究を推進することにより、鉄鋼業の技術課題の解決を目指すものです。

活動期間は原則3年以内、予算は総額4,000万円以内/件かつ2,000万円以内/年度を原則とします。



鉄鋼協会研究プロジェクト


産発プロジェクト展開鉄鋼研究

・鋼の脆性き裂伝播挙動機構理解深化とLNG貯槽次世代材料設計指針提案
主査:川畑 友弥(東大)
期間:H27~H29年度

極低温環境においても経済合理性の観点で有利な鋼の信頼性を高める。具体的には特に脆性き裂伝播のメカニズムを最新の測定技術・数値計算技術を持って根本的に明らかにするとともに、材料組織を構成する各因子の役割を明確にする。



 
Copyright © The Iron and Steel Institute of Japan