部会概要 フォーラム 研究会 フォーマット 社会鉄鋼工学部会トップ
日本鉄鋼協会 社会鉄鋼工学部会

フォーラム

グリーンエネルギーフォーラム(Green Energy Forum)
化石燃料に依存しない、いわゆるグリーンエネルギーを用いた製鉄プロセスの実現は、今後の大幅なCO2削減のために不可欠となっていくと考えられる。さらに、鉄鋼分野のみならず多くの鉱工業分野において、低温~超高温に至る幅広い温度域の廃熱が、様々な形態(ガス、温水、溶融物など)で存在する。同時に、それらの分野に特徴的な廃棄物・余剰物も多々存在する。これらの有効利用は、さらなるCO2排出削減に関連して重要なテーマとなっており、個々の熱源、廃棄物の特徴を生かした、利用法が求められている。本フォーラムでは、広い研究分野からそれぞれの特徴を生かした新しいプロセスの開発と新しい研究シーズの発掘を助けることを目的とする。

スラグ由来の人工リン鉱石フォーラム (Slag to Urban Phosphate ore (SToUP) Forum)
鉄鋼スラグを人工リン鉱石として転換する技術についての知見、成果を報告・紹介し、各プロセスについて多面的な検討を行い、環境への影響を含めた特徴を明確にする。また、人工リン鉱石を農業分野等で用いる際の利点や注意点について検討を行う。鉄鋼スラグ中のリンを回収するプロセスに関するメニューを提示・整理し、研究会や国家プロジェクト等への提案をめざす。

グリーンマテリアルフォーラム(Green Material Forum)
環境負荷低減のための材料特性向上、合金元素制約のもとでの材料設計指針の創出を基軸に、分野を横断した幅広い議論の場を提供する。フォーラム活動を通じて、次世代環境調和型鋼材の基本指針となる原理の獲得を目指す。今年度は鉄鋼材料の寿命をキーワードとして、寿命やその評価・予測などに関する理解を深めていく。

鉄鋼スラグ新機能フォーラム(New Functions of Iron- and Steel-making Slags Forum)
近年、鉄鋼スラグを沿岸域や農耕地の環境修復材として利用することが注目され。一部では実証試験が行われている。本フォーラムでは、スラグの有する多様な機能の解明に関する基礎研究をレビューするとともに、スラグ利用に関連する新しい研究成果について研究会・シンポジウムを通じて幅広い関係者と意見交換を行うことによって、鉄鋼スラグ(特に製鋼スラグ)の新規用途開拓に努める。さらに、本フォーラムにおける活動成果をもとに、国家プロジェクト等への提案をめざす。

高経年化した鋼構造物の維持管理コスト(Maintenance for long-term Use Steel Constructions)

エコテクノロジー若手研究フォーラム(Eco-technology forum for Young Scientists)
本フォーラムは、若手研究者による鉄鋼産業をベースとした物質・エネルギーの回収・資源化技術の研究交流会である。鉄鋼産業から排出されるスラグ、ダスト、排熱のみならず、軽金属産業のドロス、めっき産業の廃液といった産業界の問題点を幅広く捉え、持続可能な社会実現に向けた解決プロセスを提案し、若手研究者間での共同研究や意見交換による研究の推進や活性化を目的とする。



 部会のトップに戻る 学術部会に戻る 協会のホームページに戻る