高温プロセス




             (注)右端の数字は「材料とプロセス」のページ番号です。

3月28日
第1会場
高温プロセス部会討論会

製鉄ダストの有効利用技術
(講演概要は「材料とプロセス」No.1に掲載)
              座 長:福島 勤[NKK]
              副座長:月橋文孝[東大]
                  笹本博彦[愛知]

1.現状認識
9:10〜9:40
討1製鉄業におけるダスト処理の現状と問題点
 愛知 ○笹本博彦
2
2.ダスト処理の理論検討
9:40〜10:20
討2Zn-Fe-O系の熱力学から見た電気炉ダストの処理
 九工大 工 ○中村崇, 三井金 総研 吉田卓司
6
討3電炉ダスト処理プロセスにおけるハロゲン化物の挙動
 名工大 工 ○山口周・井口義章
10
3.最近のダスト有効利用技術
3-1.亜鉛問題を主としない有効利用技術
10:30〜12:10
討4コールドボンドペレットによる製鉄ダストの有効利用技術
 新日鐵 名古屋 ○加太茂久・西川潔・吉田均;
 君津 松永伸一・小林政徳, 鉄原 名古屋 岡和喜
14
討5コークス充填層型溶融還元法による製鉄ダスト処理
技術の開発
 川鉄 技研 ○原義明・石渡夏生・宮川昌治・板谷宏;
 千葉 野村真・松本敏行
18
討6電気炉ダストの脱塩素技術
 山特 技研 ○宮脇彰・加藤恵之;安全 原田昇
22
討7神戸製鋼所における製鉄所発生ダストの有効利用状況
 神鋼 加古川 柚久保安正・○伊藤良二・野間文雄・
 岩崎伸之・上條綱雄;神戸 門口惟人
25
22[N]迅速分析計適用による高[N]鋼精錬技術の改善
 新日鐵 室蘭 ○青木淳・木ノ本靖雄・石井博美・升充法行,
 ニッテツ北海道 成田津
135
討8Utilization study for the waste EP dust of sinter plant
 POSCO ○Han Gi Hyon
28
午前の発表のコメント 12:10〜12:20
3-2.亜鉛問題を主とする有効利用技術
13:00〜14:00
討9亜鉛を含むダストのリサイクリングシステム
 日新 本社 ○福井克則・星記男
32
討10住金鹿島におけるロータリーキルンによるダスト処理技術
 住金 鹿島 ○東風平玄俊・網永洋一・川口善澄・鑓山昌倫;
 鹿島選鉱 宮本清治
36
討11電熱蒸留法による電気炉ダスト処理技術
 東邦亜鉛 ○井上和義
40
4.製鉄ダストの有効利用についての新技術開発
14:00〜16:10
討12溶銑顕熱利用による亜鉛含有ダストから亜鉛の回収
 NKK 総研 坂本登・○鹿田勉;京浜 山本直樹;
 福山 大河内巌
32
討13電気炉ダストのリサイクル技術
 中山 竹林功・西淳一・水谷健・○岡村洋孝,
 名星化工 豊田哲夫
46
討14AODダストの電炉リサイクル
 大同 知多 ○本庄則夫・迫間保弘・津野雅英・新貝元;
 プロ研 坂田雅史
50
討15水素還元法による製鋼ダスト脱亜鉛技術の研究
 新日鐵 プロ研 ○江場篤・竹内美継・森寺弘允,
 山特 重住忠義, JRCM 宮原忍・松岡滋樹
54
討16真空加熱還元法における電気炉ダスト中の亜鉛、鉛の挙動
 愛知 ○原敏勝・笹本博彦, トヨタ 岡田裕二,
 トヨキン 鈴木和弘, 豊田中研 水田均
58
討17溶鉄中への吹き込みによる電気炉ダストの再利用
 豊技大 工 川上正博・○横山誠二
61
5.亜鉛製錬の立場から見た製鉄ダスト処理
16:10〜16:30
討18Zn原料としてのEAFダスト及びその処理プロセスに
おける不純物の挙動
 三金鉱 総研 ○吉田卓司
64
6.総合討論 16:30〜17:00
7.まとめ 17:00〜17:15

3月28日
第2会場
高温プロセス部会討論会

鉄鋼製精錬プロセスにおける界面物理化学
の基礎と応用−分散と凝集−
(講演概要は「材料とプロセス」No.1に掲載)
            座 長:向井楠宏[九工大]
            副座長:谷口尚司[東北大]
                宮沢憲一[新日鐵]

9:00〜9:30
討19浸漬ノズル、連鋳モールド内でのAr気泡および液体
流れの挙動に関する水モデル実験
 九工大 院 ○汪哲;工 向井楠宏;学 松岡研太郎,
 POSCO 東京 李仁宰
68
9:30〜10:00
討20ガス吹込みによる微小気泡分散法と介在物の除去
 名大 工 ○奥村圭二・佐野正道
72
10:00〜10:30
討21超音波振動ノズルによる吹き込み気泡の微細化と気−液
間反応の促進
 豊技大 工 川上正博・○竹中俊英
76
10:40〜11:05
討22粉末インジェクション法における粒子の溶鋼中への
侵入・分散挙動
 神鋼 加古川 ○小川兼広・松本洋
80
討23鉄浴への底吹きによるメタル噴上げ現象
 住金 本社 ○平田武行;総研 石川稔
83
11:30〜12:00
討24メタル中へのスラグ粒子の巻き込みに関するモデル実験
 阪大 工 ○井口学(現:北大工), 住金 総研 中島敬治,
 松下 隅田豊,阪大 名誉教授 森田善一郎(現:住金)
87
13:00〜13:40
討25液中微粒子の動力学と表面と凝集・分散性
 京大 工 ○東谷 公
91
13:40〜14:10
討26溶鋼/ガス界面における非金属介在物の衝突・凝集挙動
 東北大 素研 ○江見俊彦・尹弘斌・柴田浩幸
93
14:10〜14:40
討27Mg、Al脱酸生成物の凝集に関する実験的考察
 東北大 素研 ○水渡英昭;院 坂田江章・姜信明;
 素研 李光強
97
14:40〜15:10
討28通気攪拌槽内の微小粒子の乱流凝集速度
 東北大 工 ○谷口尚司・菊池淳;院 伊勢知子(現:山特)・
 高瀬成宜
101
15:20〜15:45
討29RHにおける介在物凝集、分離挙動
 NKK 総研 ○松野英寿・村井剛;福山 櫻井栄司・
 川嶋一斗士
103
15:45〜16:10
討30溶鋼中アルミナクラスタの凝集合体挙動の解析
 川鉄 技研 ○戸澤宏一・加藤嘉英,
 川鉄システム開発 中西知己
105
16:10〜16:35
討31タンディッシュ内の非金属介在物の凝集および分離
 新日鐵 君研 ○山田亘;先研 沢田郁夫;八幡 田中宏幸
109
16:35〜17:05
討32超音波による液中微粒子の凝集と分散
 名大 工 ○桑原守;院 畑中信一・山平昇二郎;
 工 佐野正道・浅井滋生
111
17:05〜17:15 総合討論

3月28日
第3会場
石炭熱分解、コークス性状

9:00〜10:20 座長 有馬孝 [新日鐵]
35石炭−タール混合物の移送・熱分解特性(高カロリーガス
および改質タール併産型石炭改質技術の開発-7)
 NKK 総研 ○小西武史・上野一郎・古川武
147
36Prediction of COG production under operational changes
 RIST ○Lee,Seong-Young・Choi,Jae Hoon・Park,Yang Duk,
 POSCO Lee,Kee Chang・Choi,Ki-Il
148
37石炭及びピッチの高温熱分解挙動
 RIST ○李揆東・崔在薫・朴良徳
149
38メタン熱分解法による活性炭の微細気孔の充填と
耐酸化性向上効果
 東北大 学際センター ○重野芳人, UCB J.W.Evans,
 コールター 楊逸明
150
石炭熱分解、コークス性状

10:30〜11:30 座長 有馬孝 [新日鐵]
39 剪断粉化に及ぼすコークス性状の影響
 NKK 総研 ○深田喜代志・板垣省三・下山泉・
 角谷秀紀
151
40 石炭の粉砕によるコークス粉の粒度分布制御
 関熱 加古川 横山貴司・朝田真吾;研開センター 松平寛司・
 ○西村勝
152
41 Improvement of coke strength by the addition
of the bituminous additives
 RIST ○J.H.Choi・Y.D.Park, POSCO D.W.Kim・
 K.H.Kim
153

コークス押し出し、装入密度、FA

13:00〜14:00 座長 川口泰弘 [NKK]
42コークスの押出し性を改善する石炭配合
 川鉄 技研 ○渡壁史朗・原義明・武田幹治・板谷宏;
 千葉 杉辺英孝・小久保信作
154
43 コークス炉押出現象のモデル化
 新日鐵 プロ研 ○福田耕一・有馬孝
155
44 コークス炉装入炭高密度分布推定モデル
 川鉄 技研 ○花岡浩司・井川勝利
156

コークス押し出し、装入密度、FA

14:10〜15:10 座長 川口泰弘 [NKK]
45 鹿島第1コークス炉調湿炭設備及び操業
 住金 鹿島 ○西山義紀・道古義治・吉田周平・上田秀樹・
 成嶌耕二
157
46 コークス炉移動機における自動化技術の開発
(千葉6、7コークス炉における移動機無人化)
 川鉄 千葉 ○渡辺宗一郎・鎌野秀行・松本敏行・内田哲郎・
 高橋保・野口宏基
158
47 八幡第4コークス炉FA設備立ち上げ状況
 新日鐵 八幡 ○池本慎太郎・栗原喜一郎・石原口裕二;
 設技 境田道隆・今村誠
159

カーボン付着、コークス炉レンガ

15:20〜16:40 座長 田中均 [川鉄]
48 炭化室内におけるカーボン付着挙動の実炉調査
(コークス炉カーボン付着抑制技術の開発-2)
 新日化 君津 ○古澤厚・前野幸彦,
 新日鐵 プロ研 中川朝之
160
49 炭化室内におけるカーボン付着速度推定モデル
(コークス炉カーボン付着抑制技術の開発-3)
 新日鐵 プロ研 ○中川朝之・鈴木隆城・古牧育男,
 新日化 君津 古澤厚・前野幸彦
161
50 コークス炉溶射補修時の炉壁れんが損傷防止
 川鉄 技研 ○福島康雅・熊谷正人
162
51 コークス炉用新蓄熱れんがの開発
 住金 総研 ○成田雄司・宮原光雄・近田司・
 上坊和弥(現:和歌山);シスエン 山野正樹
163

3月28日
第5会場
予備処理、転炉操業

9:00〜10:40 座長 田淵敏 [新日鐵]
52 転炉型溶銑予備処理炉の処理能力向上
 NKK 福山 ○田中秀栄・菊地一郎・新井学・石川博章・
 小平悟史・小松喜美
164
53 転炉型溶銑予備処理における脱りんの高速化
(コークス炉カーボン付着抑制技術の開発-3)
 新日鐵 プロ研 ○小川雄司・松尾充高・北村信也;
 技開 矢野正孝
165
54 福山2製鋼転炉1基操業
 NKK 福山 ○亀水晶・渡辺敦・白山章
166
55 転炉冶金特性に及ぼす上底吹条件の影響
 住金 総研 ○樋口善彦・花尾方史
167

転炉操業

10:50〜12:30 座長 山内隆 [日新]
57 (西山記念賞受賞講演)
転炉スラグ中の遊離石灰相の水和反応におよぼすFの影響
 東北大 素研 ○井上亮・水渡英昭
169
58 転炉のおけるダスト低減に及ぼすランスノズル形状の影響
 新日鐵 大分 ○広川雄一・菊地真・熊倉政宣・今村尚近;
 本社 堀井和弘;技開 内藤憲一郎
170
59 上底吹き転炉での低炭素濃度域におけるステンレス鋼
脱炭反応機構
 川鉄 技研 ○菊池直樹・山口公治・竹内秀次;
 千葉 廣田哲仁・岸本康夫・西川廣
171
60 ステンレス鋼精錬におけるスラグ利用技術
 川鉄 千葉 ○森岡宏泰・岸本康夫・北野嘉久・野村寛;
 技研 松永久宏, 川鉱 佐藤幸男
172
61 電気炉還元スラグによる軟弱土の改良
 川鉄 千葉 ○森岡宏泰・岸本康夫・北野嘉久・野村寛;
 大同工大 工 ○金川淳・桑山忠
173


耐火物

13:20〜15:00 座長 深川信 [住金]
62 MgO-C煉瓦の動的損耗評価
 NKK 福山 ○加藤久樹・高橋達人;総研 磯尾典男
174
63 溶射補修の転炉炉底部への適用
 新日鐵 君津 ○竹内和彦・山本誠司・高橋潔・
 阪本克彦
175
64 VOD・VAD取鍋耐火物の寿命延長
 NKK 京浜 ○河相誠・森肇・浅田博樹, 旭硝子 鈴木浩一・
 渡辺正太郎
176
65 カーボンフリーノズルによる閉塞防止効果
 川鉄 水島 小山内寿・蓮沼純一;技研 ○鍋島誠司,
 Vesuvius Han K.Park・Paul M.Benson,
 カワサキベスビウス 新良正則
177
66 パウダーラインの溶損に及ぼすパウダー中Fの影響
 新日鐵 プロ研 ○池本正・澤野清志;室蘭 小澤修司・
 平林圭
178

初期凝固

15:10〜16:10 座長 鈴木俊夫 [東大]
67 Measurement of optical properties of continuous casting
mold fluxes at elevated temperature
 東北大 院 ○趙重郁;素研 柴田浩幸・江見俊彦・
 鈴木幹雄
179
68 Heat transfer from shell across flux film to continuous
casting mold
 東北大 院 ○趙重郁;素研 柴田浩幸・江見俊彦・
 鈴木幹雄
180
69 2元系アルカリ珪酸塩ガラスの結晶転移挙動
 東北大 工 ○堤康一・長坂徹也・日野光兀
181

初期凝固

16:20〜17:20 座長 中田正之 [NKK]
70 極低炭素鋼鋳片性状に及ぼすモールドフラックス熱伝達
挙動の影響
 川鉄 技研 ○山内章・奈良正功・糸山誓司・
 別所永康(現:JRCM);千葉 榎戸浩文・西村恵次
182
71 銅を用いた連鋳初期凝固の直接観察
 川鉄 技研 ○伊藤陽一・鍋島誠司・戸澤宏一・中戸參・
 反町健一
183
72 水平振動法の実機鋳型への適用実験
 川鉄 技研 ○持田哲男・糸山誓司・別所永康(現:JRCM)・
 反町健一;千葉 黒川克美・松川敏胤
184




講演大会日程表に戻る