社会鉄鋼工学




             (注)右端の数字は「材料とプロセス」のページ番号です。

3月28日
第4会場
社会鉄鋼工学部会シンポジウム
人間・社会・環境との新しい調和を求めて-X
科学技術創造立国時代における
ヒューマンリソースの活性化を中心として
〔シンポジウムテキストは開催当日会場入口にて配布,無料〕               座 長:松井 好[立教大]
              副座長:志田 茂[東海大]

10:00〜10:15
社会鉄鋼工学部会の現況
 部会長 中島浩衛(大同工大)
10:15〜10:20
開会挨拶 立教大 松井好
10:20〜11:20
基調講演@歴史的転換期に対応する科学技術体系の再構築
 日本学術会議 内田盛也
11:20〜11:50
人材問題に対するリストラ過程からの教訓
 新日鐵 正賀晃
11:50〜12:20
鉄鋼産業における技術系ヒューマンリソース問題の焦点*
 立教大 松井好

13:20〜14:20
基調講演A研究開発の生産性と人材育成
 日本電気 植之原道行
14:20〜14:50
複合経営から見た鉄鋼技術系人材の活性化
 NKK 小指軍夫
14:50〜15:20
産学人材交流に見る鉄鋼技術研究者のポテンシャル*
 玉川大 町田輝史
(*:基調講演、一般講演に対するコメント約10分を含む)

社会鉄鋼工学
3月29日
第4会場
鉄鋼LCA

9:20〜10:40 座長 椹木義淳 [住金]
141鉄鋼業におけるLCAの取り組み状況
 新日鐵 本社 ○高松信彦・古川高司,
 東北大 素研 柴田清
254
142産業連関表を用いた鉄鋼業の環境LCA
 東大 院 ○片桐広貴;工 佐藤純一・戸井朗人・中村達生
255
143上方推定値を用いた予備ライフサイクル分析
(LCAの方法論上の問題点の検討-5)
 金材研 ○原田幸明・井島清・八木晃一
256
144JIS規格に基づく鉄鋼材料の環境負荷
 金材研 ○井島清・原田幸明・八木晃一
257

製品LCA

10:50〜11:50 座長 佐藤純一 [東大]
145 乗用車のライフサイクルインベントリアセスメント
(依頼講演)
 日産 総研 ○小林紀
258
146 環境保全型製缶システムの開発(依頼講演)
 東洋製罐グループ総研 今津勝宏・○町井幸子
259
147 セラミックス溶射材のライフサイクルアセスメント
 石播 技研 ○園家啓嗣
260

エコマテリアル

13:00〜14:00 座長 柴田清 [東北大]
148 基底クリープ強度に基づく耐熱鋼の高強度化と長寿
命化の概念
 金材研 ○木村一弘・九島秀昭・八木晃一
261
149 フェライト系耐熱鋼のエコバランス改善
 金材研 ○阿部太一・小野寺秀博・木村一弘・原田幸明・
 井島清
262
150実用耐熱鋼エコマテリアル化のための高温強度支配
因子の解明
 住金 総研 ○仙波潤之・椹木義淳
263

エコマテリアル

14:10〜15:10 座長 高松信彦 [新日鐵]
151 材質予測法とMLCAを用いた新しい材料設計
 茨城大 院 ○土田紀之;工 友田陽, 金材研 原田幸明・
 井島清・長井寿
264
152 アルミ合金製造時の環境負荷に対する添加元素の影響
 東大 院 ○伊坪徳宏;生研 山本良一
265
153 リサイクル可能なFe-Fe複合材料のエコバランスによる考察
 金材研 ○皆川和己・奥山秀男・大野悟・原田幸明,
 東大 生研 伊坪徳宏
266

リサイクルと技術・産業論

15:20〜16:40 座長 原田幸明 [金材技研]
154 製品組成・スクラップ組成関数を導入した素材生産・
リサイクルシステムモデル
 東北大 素研 ○柴田清・早稲田嘉夫
267
155 鉄鋼リサイクルシステムの不純物蓄積及び環境負荷の解析
 東大 工 ○戸井朗人・佐藤純一
268
156 製鉄技術と産業の意義に関するメタテクニカ的考察
 東大 工 ○佐藤純一
269
157 階層的意志決定法を用いた鉄鋼業の東アジア諸国にお
ける経営環境評価
 東大 工 ○中村達生・戸井朗人・佐藤純一
270




講演大会日程表に戻る