(一社)日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 | Technical Devision of Process Evaluation & Material Characterization

評価・分析・解析部会

部会概要

部会長挨拶

鈴木茂先生(東北大学)の後任として,2020-2021年度年度の部会長を拝命いたしました。本部会は,下記の活動方針のもと今後10年間の技術課題のロードマップを掲げ,フォーラムや研究会等を通じての研究推進活動,講演大会での研究発表や論文発表等による成果公開を行っています。
1) 鉄鋼プロセス,材料開発に呼応した評価・分析・解析技術の基礎研究の推進
2) 鉄鋼生産に係る環境管理・製品安全評価の基礎技術の推進
3) 分析値の信頼性の向上,標準化における学術的基盤の強化,分析技術者の教育
4) 分析部門の分社化に呼応し,学官の鉄鋼分析研究者の参画を促進
以上の活動を通じて,これまで鉄鋼関連問題の解決に資する多くの優れた分析技術を発信して参りました。一方,現状での部会活動の問題点も顕在化してきたと考えます。それは,産業界からは分析ニーズが適切に発信されているのか,逆にそれらに合致した分析手法を提案できているのか?本部会での成果である新規分析手法が,産業界にスムースに展開できているのか?産官学において鉄鋼関連分野の評価・分析・解析分野における次世代を担う人材を発掘・育成しているか?といったことがあげられます。本部会の活動の特徴は,様々なバックグラウンドをもつ産官学の科学・技術の研究者が交流することにあります。その交流を最大限に生かせる課題設定,運営体制,成果発信を心がけていくことが,上記の問題点を解消していくことにつながります。 今回,組織・構造解析,析出物・介在物分析,環境分析,反応(元素濃度や状態の時系列での変化)解析を軸としたフォーラムを立ち上げ,各テーマにおいて横断的な展開や俯瞰的な視野をもつ人材育成に資する活動を推進していく所存です。それにはさらに皆様の部会活動へのご理解とご協力,ご指導が必要となってまいります。本部会活動が,優れた研究の展開および秀でた人材の創出に貢献できるようどうぞよろしくお願いします。

2020-2021年度部会長
千葉大学大学院工学研究院
藤浪眞紀

ロードマップ

評価・分析・解析部会では、2003年12月に研究開発のためのロードマップを策定公開し、これまで、部会の研究活動であるフォーラム、研究会、講演大会シンポジウムや討論会等で拠り所としてきました。この度、鉄鋼業の生産現場や鉄鋼材料の研究開発の直近の動向に鑑み、分析・解析分野における新たな研究指針として、研究開発ロードマップの改訂を行いました。この改訂に当たっては,特に我が国の鉄鋼業が直面する課題を解決するために、有効と思われる分析・解析情報の提供を念頭に置き、以下の5つの詳細項目を抽出しました。

1) 鉄鋼製造の省エネルギー・省資源化に資する分析・解析方法の開発
2) 鉄鋼材料の研究開発・生産プロセスに資する熟練分析技術の伸展と技能伝承
3) 鉄鋼材料の組織制御の高度化に対応できる分析・解析方法の開発
4) 鉄鋼材料の経時変化を動的に追跡できる分析・解析方法の開発
5) 鉄鋼材料の実在表面の制御に資する分析・解析方法の開発

それぞれの具体的内容についてはロードマップ改定版(2021年5月10日:PDF)をご参照ください.

部会組織

 部会長:藤浪眞紀(千葉大学)(2020.4~2022.3)
 登録者数:1,573名(2021.4.30現在)
 
・ 部会運営委員会
・ 講演大会分科会
・ 広報・編集分科会
・ 分析技術研究審議WG
・ 研究会
・ フォーラム
・ 自主フォーラム

運営委員会メンバー

 担当 名前 所属
 部会長 藤浪眞紀 千葉大学
 副部会長 出口祥啓 徳島大学
 副部会長(振興助成審査) 山崎真吾 日本製鉄
 委員(広報主査) 江場宏美 東京都市大学
 委員(広報副主査) 石川 伸 JFEスチール
 委員(論文誌幹事) 上原伸夫 宇都宮大学
 委員(論文誌専門委員) 佐藤成男 茨城大学
 委員委員(講演大会主査) 今宿 晋 東北大学
 委員(講演大会副主査) 高橋貴文 日本製鉄
 顧問(一般表彰) 鈴木 茂 東北大学
 委員(サステナブルシステム部会との連絡) 国村伸祐 東京理科大学
 委員(材料の組織と特性部会との連絡) 小貫祐介 茨城大学
 委員(分析技術部会との連絡) 小野嵜 学 日鉄テクノロジー
 委員(会計) 儀賀義勝 大同分析リサーチ
 委員 川田 哲 物質・材料研究機構
 委員 大竹淑恵 理化学研究所
 委員 藤井秀夫 神戸製鋼所