協会概要

会長メッセージ

会長の写真

会長就任にあたって

小野山 修平

日本製鉄(株)代表取締役副社長

この度、第55代日本鉄鋼協会会長に選任されました小野山修平です。大変な名誉であると共に、本協会の会長職の責任の重さを強く感じています。

1915年に設立された本協会は、100年以上に渡り、我が国および世界の鉄鋼技術の発展、さらには人材育成について大きく貢献してまいりました。私自身、本協会の講演大会での発表や討論、技術部会での議論や交流を通じて、多くの先生方や諸先輩、若い世代の方々から多くのことを学ぶことができたこと、そして鍛えられてきたことに感謝をしております。微力ではありますが、皆様とともに、伝統ある本協会の発展に精一杯努力して参りたいと存じます。

はじめに、年初より流行し始めた新型コロナウイルスに罹患された方々や、感染拡大により生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞い申し上げます。感染症は歴史的にも社会、経済、文化に甚大な影響を与えて来ましたが、人類はその都度、知恵と工夫で危機を乗り越えてきました。一日も早く正常な社会生活に戻ることを願っています。

さて、近年の世界の鉄鋼業では、中国を始めとする東南アジア圏の鉄鋼生産技術の向上が目覚ましく、我が国の優位性を保つためには、様々な分野での更なる鉄鋼技術の深化が求められています。加えて、IoT技術の発展や自動車のEV化などに代表されるように、世の中の産業構造は大きく変化しつつあり、この変化に対応した技術開発が必要な時代となっています。更に、気候変動枠組条約第25回締約国会議、COP25で協議されました二酸化炭素排出削減等の環境問題については、世界規模で活動活性化が促され、鉄鋼業界の果たすべき使命も大きいものとなっています。約100年前に、「学理と実業の結合」を基本思想として設立された本会は、産学一体となって、総合工学としての鉄鋼技術の基盤強化と競争力強化に邁進してまいりました。今後は更に、学と産、それぞれの強みを活かした産学連携の強化を進めるとともに、他分野の学協会も含め、連携を一層強めた幅広い活動を展開してまいります。

最近の本協会の活動は、講演大会の開催、論文誌の発行等で、質の高い議論や論文投稿が展開されています。欧文誌「ISIJ International」は、インパクトファクター(文献引用影響率)の継続的な伸びが示している通り、質の高い学術論文がより多く投稿される学術誌となり、国際的知名度が向上しています。オープンアクセス誌とし、さらなる質の向上を図っていきたいと思います。5年前に創刊100号を迎えた和文誌「鉄と鋼」は掲載内容の更なる充実化等、鉄鋼分野の貴重な技術情報源としての役割の維持、発展へ向けた企画・検討を継続推進してまいります。

次世代の鉄鋼研究者・技術者の育成も本会が果たすべき重要な使命の一つです。時代の変化に即応した課題の抽出・設定ができる人材がさらに強く求められています。そのためにも、長期的な視点に立ち、かつ、学生から企業の若手・中堅に至るまで連続した“履修科目”で構成された本会の人材育成施策は、その重要性を益々増していきます。企業向け事業である「企業経営幹部による大学特別講義」や、学生向け事業である「修士学生向け鉄鋼工学概論セミナー」等の活動を推進し、鉄鋼業界を取り巻く環境変化や社会から求められるニーズをより敏感にキャッチし、より課題を明確にし、解決に向けて活躍できるような力を身に着けられるよう内容の充実を図ってまいります。

鉄鋼の学術・技術のさらなる活性化に向け、学会部門と生産技術部門の連携を強化するとともに、それぞれの部門において、技術シーズ・ニーズの融合を各種部会や研究会においてより高めていきたいと思います。そのためには、学術部会における研究活動でのシーズ発掘、技術部会・技術検討部会におけるニーズ明確化、各種研究助成を通じて、これらが有機的に連携して機能していくことが重要です。今後の大型プロジェクト提案も、当然この先にあります。本会が提供する、シーズとニーズの融合が図られる英知の結集の場を、さらに洗練させてまいります。

以上のように、激動する社会変化に対応すべく日本鉄鋼協会の活動を推進してまいりたいと存じますが、そのために会長としての責務を果たすには会員各位のご協力が不可欠です。皆様の多大なるご支援・ご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

活動内容

概要

本会は個人会員1万人余、維持会員(企業)200余から成る学会です。大正4年の設立以来、(1)学術と技術の結合、(2)鉄鋼企業の結合、(3)産官学の結合、(4)鉄鋼と他分野の結合、(5)国内と海外の結合を柱として、鉄鋼および周辺領域に関する学協会活動を行ってきました。創立80周年を機に平成7年4月リストラを行い、新組織となりました。新組織は個人活動をベースとする学会機能と、維持会員会社社員の活動をベースとする業界の技術会的機能の両面を合わせ持っていることが特徴といえます。組織は総合企画、学会部門、生産技術部門と3つに分かれ、それぞれの主な活動は以下のとおりです。

(1)総合企画

「総合企画」は、協会全般に関わる重要事項の企画や、学会部門と生産技術部門の融合調整等、協会活動の総合的推進をはかっています。助成および表彰事業により、鉄鋼に関する学術・技術の奨励を行い、会員へ種々の情報発信を行う「会報」発行、また会員増強をはかるため、会員サービスの一層の向上に努めています。育成委員会では、ものづくりの視点で小・中・高校生を対象に、また専門的実学教育の視点で大学、企業技術者、研究者を対象に一貫した人材の育成を図る諸企画を実施し、さらに、鉄鋼科学技術の発展のための教育、育成活動の企画、推進を行っています。国際交流活動は、鉄鋼および境界領域に関する国際的な学術技術の交流と友好を図ることによって、我が国鉄鋼の学術技術の発展に寄与することを目的として、積極的展開を推進しています。地域に密着した7支部による活動の支援も積極的に行っています。

(2)学会部門(学会機能)

学会部門は、会員相互のGive and TakeとVolunteer精神に基づく活動に基盤を置き、鉄鋼に関連する学術・技術の情報発信、研究成果発表、研究活動および研究交流等を通じ、学術・技術の発展を目指しています。このため各種委員会・部会を置いて、会員の期待・要望に応える体制をとっています。具体的には、会員の研究成果の公表を行う「論文誌」発行のための委員会、「講演大会」を開催するための協議会、研究および研究交流活動を実行する委員会などです。また、学会部門の中核をなす学術部会は、多様化・深化する学術・技術の種々の分野に迅速かつ柔軟に対応するための諸活動を行っています。

学会部門組織図(PDF)

(3)生産技術部門

生産技術部門では、維持会員相互および産学官の密接な連携のもとに、技術部会の技術交流、技術検討会活動、更には分野横断的技術検討部会活動等を通じて、実効のあがる技術創出活動を行っています。

日本鉄鋼協会 組織図(PDF)

会員種類と会員数

会員の種類

名称 資格 年会費(円) 入会金(円) 会員数(名)
('21年3月)
名誉会員(個人) わが国の鉄鋼業に関し、功績名望ある方のうちから推挙される。 ★77
賛助会員(個人) 多額の寄付をした方、またはとくに本会に対し功労のあった方のうちから推挙される。 26
維持会員(法人) 日本国内にある法人、団体。会費額は維持会員規程に基づく。 ☆5口以上 171
正会員(個人) 日本国内に在住する方。 9,800 900 6,830
準会員(個人)

日本国内に在住し、正会員に準ずる方。最長10年まで。以下の項目を除き、正会員と同等です。

  1. 1.代議員選挙権
  2. 2.代議員候補者
  3. 3.研究費・助成金の受給資格
  4. 4.表彰の被推薦資格
  5. 5.一部のセミナー等の参加資格
4,900 577
学生会員(個人) 日本国内に在住する学生の方。 3,000 342
外国会員 外国在住の方。 9,800 900 247
8,270

☆一口の金額は11,000円(消費税等込)
★うち外国在住名誉会員32名

国別外国会員数 (外国在住名誉会員を含む) ('21年8月)
Number of Foreign Members by Country (including Honorary Members) 合計数:284

ASIA 212
CHINA 36
INDIA 11
INDONESIA 2
KOREA 60
SINGAPOLE 1
TAIWAN 5
THAILAND 96
MALAYSIA 1
AMERICA 25
ARGENTINA 1
BRAZIL 2
CANADA 7
CHILE 1
MEXICO 1
U.S.A. 13
OCEANIA 9
AUSTRALIA 9
EUROPE 38
AUSTRIA 1
BELGIUM 5
FINLAND 1
FRANCE 1
GERMANY 10
ITALY 2
PORTUGAL 1
SLOVAK REPUBLIC 1
SLOVENIA 1
SPAIN 2
SWEDEN 8
SWITZERLAND 1
THE NETHERLANDS 3
U.K. 1

会員数の推移

名誉会員 賛助会員 維持会員 正会員 準会員 学生会員 外国会員 合 計
2000年 2月 75 38 203 8,453 171 357 443 9,740
2001年 2月 79 37 204 8,078 171 364 450 9,383
2002年 2月 80 36 193 7,860 238 359 448 9,214
2003年 2月 81 35 184 7,864 263 367 460 9,254
2004年 2月 85 35 179 7,619 227 311 444 8,900
2005年 2月 85 37 178 8,161 242 293 480 9,476
2006年 2月 86 36 178 8,070 267 369 473 9,479
2007年 2月 86 35 180 8,064 279 348 608 9,600
2008年 2月 86 36 187 8,077 245 381 615 9,627
2009年 2月 88 37 187 8,052 276 450 503 9,593
2010年 2月 87 38 185 7,959 281 433 507 9,490
2011年 2月 88 38 181 7,918 254 453 512 9,444
2012年 2月 87 39 181 7,867 221 429 432 9,256
2013年 2月 86 38 174 7,799 227 415 435 9,174
2014年 2月 87 36 161 7,834 164 400 406 9,088
2015年 2月 89 33 166 7,792 122 361 403 8,966
2016年 2月 88 33 169 7,689 119 402 389 8,889
2017年 2月 80 31 176 7,469 241 368 372 8,737
2018年 2月 80 30 175 7,435 492 373 365 8,950
2019年 2月 76 27 176 7,418 558 406 379 9,040
2020年 2月 75 27 174 7,299 669 386 369 8,999
2021年 2月 76 26 171 6,827 575 294 244 8,213
2021年 3月 77 26 171 6,830 577 342 247 8,270
2021年 4月 77 26 170 6,860 580 337 248 8,298
2021年 5月 77 26 170 6,900 578 351 249 8,351
2021年 6月 76 26 169 6,886 576 347 251 8,332
2021年 7月 76 26 169 6,895 578 351 252 8,347
2021年 8月 76 26 169 6,920 586 351 253 8,381

社員名簿

事務局(本部・支部)

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 3-2-10 鉄鋼会館5階
TEL.03-3669-5931 FAX.03-3669-5934

大きな地図で見る
本部事務局(2020.8月現在)
総務グループ admion@isij.or.jp
会員グループ members@isij.or.jp
経理グループ finance@isij.or.jp
システムグループ admion@isij.or.jp
国際グループ international_affairs@isij.or.jp
編集グループ editol@isij.or.jp
編集グループ(刊行物) publid@isij.or.jp
育成グループ educact@isij.or.jp
学術企画グループ academic@isij.or.jp
技術企画グループ technica@isij.or.jp
支部
北海道支部
東北支部
北陸信越支部
東海支部
関西支部
中国四国支部
九州支部
健康優良企業ロゴマーク

創立100周年記念事業

日本鉄鋼協会は大正4年(1915年)に設立されてから、平成27年(2015年)2月6日に創立100周年を迎えました。100周年記念事業は以下のとおりです。

  1. 創立100周年記念式典(H27年2月3日(火) 経団連会館)
    → 開催の様子はこちら(安倍総理の挨拶の動画リンクがあります(政府インターネットテレビ))
    1. 創立100周年記念式典
      日時:平成27年(2015年)2月3日(火) 14:00~17:00(13:00~受付)
      場所:経団連会館 国際会議場(東京都千代田区大手町1-3-2)
      内容:特別表彰(俵賞、製鉄功労賞)、記念講演、等
    2. 祝賀パーティー
      日時:平成27年(2015年)2月3日(火) 17:30~19:30(会費制)
      場所:経団連会館 経団連ホール
  2. 「鉄と鋼」第100巻記念特集号の発行(H26年1~12月)
  3. 「第5版鉄鋼便覧」の発行(H26年8月31日)
  4. 「日本鉄鋼協会100年史」の発行(H27年2月3日) 正誤表
  5. 「鉄鋼材料と合金元素改訂版」の発行(H27年秋頃発行予定)
  6. 「遥かなる和鉄」(「鉄の技術と歴史」研究フォーラム活動成果)の発行(H27年2月3日)
  7. 国際会議「アジアスチール2015」の開催(H27年10月5~9日 パシフィコ横浜)
  8. 協会の情報システムの改善(H25~H29年度(順次実施))